DSC02515

ダイエットや健康維持、断食によるデトックス効果を得るために最適な酵素ドリンクである優光泉ですが、開封後はすぐに飲まなければいけないのでしょうかということを読者様から質問をいただきましたので、こちらでも回答をシェアしていきたいと思います。

優光泉は常温で保存可能!その秘密は無添加にあり

さてさっそく結論からお話しますと、優光泉は冷蔵保存すら不要で開封後も常温保存可能です。通常の酵素ドリンクというのは基本的に冷蔵保存をしなければならないものが多いです。

なぜなら一般的に出回っている酵素ドリンクには添加物が入っているものが多いからです。

その点、優光泉に関しては完全無添加というところが売りでもありますので、原液の状態であれば開封後ですら常温で保存しておくことが可能です。

優光泉はスタンダード味と梅味の2本セットになっているので、冷蔵庫が既にぎっしり詰まっている状態だとどうしても酵素ドリンクを冷蔵庫に入れておくスペースがない!と言う場合も出てくるかと思います。

そういうときは先に飲む1本だけ冷蔵庫に入れておいてもう一本は常温で保存しておくといった使い方も可能です。

本来、酵素常温で活発になる

これは無添加の酵素に限った話ですが、もともと酵素には良い菌が生きている状態で含まれています。そのため実際のところ、生きた菌を冷やしすぎない方が酵素の動きが活発になるとも言われています。

もちろん特に暑すぎるような日や直射日光が当たってしまうような時は冷蔵庫に入れておく方がいいですが、そうではないという場合は敢えて常温で保存しておくという考え方もあります。

優光泉の蓋を見ると分かる正しい保存方法

優光泉は開封した後に保存しておくためのフタがもう1つずつ付属されています。じつはこのフタはよく見ると上部に穴が開いています。

「え、穴が開いているままだとフタをする意味がないのでは?」

恐らく酵素ドリンクを初めて買われる方が優光泉のフタを見ると不思議に思われる方も多いと思いますが、それは敢えて開けてある穴です。

先ほど酵素に含まれる良い菌の話に少し触れましたが、その菌というのは密閉状態にあると呼吸ができなくなってしまうことがあります。そのため保存する時にはフタに少し穴を開けておくことで菌がしっかり元気に呼吸ができるようにしてあるということです。

なので開封後は基本的に付属のフタを使って保存するようにしましょう。