痩せたいし太りたくないけれど大好きなお菓子毎日のおやつタイムが楽しみ過ぎてやめられない・・・といったことで悩んでいませんか?

実は私自身もかれこれ5年以上もダイエットをしては失敗してというようなことをぐるぐると繰り返して生きていたのですが、その時に一番のネックとなっていたのがお菓子やおやつの存在だったんです。

夕食後には甘いお菓子やスイーツ何かが食べたくなりますし、それからまた1~2時間くらいたったら今度はしょっぱいお菓子が欲しくなります。

P1010655

それ以外にもやっぱり3時のおやつタイムは欠かしたくないという気持ちが強くて毎日カロリーも気にせず食べてしまって、せっかくそれ以外のところでは頑張ってダイエットをしているつもりなのに上手く行かずに四苦八苦していました。

私のように痩せたいけどおやつやお菓子がやめられないと感じている方はたくさんいると思います。

具体的にどうやってその状態を乗り切っていけばしっかりと理想とする体型を手に入れることができるのか。
おやつやお菓子が食べたくて止められない症候群の対処法についてお話していきますね。

食べていいおやつといけないおやつ

おやつと言ってもダイエット中に食べても太りにくいものと、すぐに体の脂肪となって太ってしまうものがあります。
何も食べてはいけないとは言いませんが、しっかりと食べていいものといけないものを選別していくようにするのがポイントです。

  • 人工甘味料
  • 添加物
  • 保存料
  • 植物油脂
  • 香料

こうったものはどれも体に悪影響を及ぼしたり、肥満の原因となる可能性が高いとされているものです。
コンビニやスーパーのお菓子コーナーに売っているもので食べたい!と感じたもののパッケージ裏を見てみた時に上記のようなものが書いてあったらそれは太りやすいお菓子と判断していくようにしましょう。

チョコレートでも植物油脂が含まれている太りやすいものと、植物油脂が含まれていない太りにくいものがあります。
ビターな味でちょっと値段が高めのチョコレートはポリフェノールたっぷりで逆にダイエットのサポートとなる効果も期待できるのでおすすめです。

おつまみ類はお菓子より太らない

好みが分かれるところでもあると思いますが、ポテトチップスやケーキ、チョコレート菓子などといったような一般的なお菓子と、干し芋やあたりめ、カリカリ梅、するめ、燻製、ナッツ類などのおつまみではおつまみの方が圧倒的に太りにくくなっています。

P1010645

それは先ほどと同じようにおつまみ類は素材となるものをそのまま使って作られていることが多いので上記で記載したような添加物が含まれていないことが多いからです。

しかし加工されたお菓子類はたっぷりと脂質や糖質が含まれている上に上記のような添加物も盛り込まれているため、食べていては痩せられるはずがないというようなものばかりです。

おつまみも食べていればけっこう美味しいですし、お腹の寂しい感じは十分満たされます。
もしもお菓子がどうしてもやめられないという時はその代りに今度はおつまみを食べてみるというのも一つの手かもしれません。

もっと効率よくダイエットをしたい時は?

痩せたい!という思いがあるのであれば、できるだけ無理はしなくても効率よく痩せる方法をお探しではありませんか?
今回紹介したようなおやつの選び方も参考にしていただきながら、さらにスムーズに理想的な体型に近づけていきたいのであれば酵素ダイエットにチャンレンジしてみるのが効果的です。

酵素ダイエットで使う酵素ドリンクは非常に満足感が高いドリンク飲料でもあるので、お腹が空いておやつが欲しい・・・と思ったタイミングで酵素ドリンクを飲めばおやつ食べなくても大丈夫かも!と思えるくらいに不思議とお腹の満足感が得られるようになっています。

DSC02528

酵素ドリンクを飲んでいると空腹感が満たされるだけでなく、身体の基礎代謝まで向上していくという特徴もあるので頑張って何かの運動をしたりすることなく自然に痩せることができるようになっています。

お菓子も少しなら許されます(笑)

確実に素早く理想の体型を目指して行きたい!と言う場合は酵素ダイエットはチャレンジしてみる価値ありの方法と言えます。

空腹感に最も効果のある酵素ドリンクを実際に使ってみた体験談

関連記事

kosorankingbunner2