最近の日本の食卓事情を見てみると見ごとに野菜の量が少ないところが増えてきています。

  • 子供が野菜嫌いで残すから食卓に出せない
  • 一人ぐらしで野菜を食べるのが億劫だからめったに食べない
  • 野菜が元々嫌いで食べる野菜を自ら食べるという選択肢すらない
  • 野菜を食べているつもり!だけど実際は十分な量ではない

このような状況に合致している人も少なくないと思います。
確かにまだ年齢が若い間は多少野菜の食べる量が少なかったとしても、もともと体内に含まれている酵素の量が多いのでそこまで大きな問題にならないということもありますので気が付きにくい部分でもありますよね。

野菜不足が続く10代から20代までの私の体験談

私も10代のころは本当にびっくりするくらい野菜嫌いでしたので、実家でご飯を食べるときも野菜があったら隅っこによけてほとんど食べずにいました。
当時からアトピー体質で肌荒れなどは結構あったのですが、それ以外にはこれといった問題を感じることもありませんでした。

60e92aee0c9381da5dbaa48c6373feba_s

私の場合は大体20代を過ぎた頃からなんだか日頃からちょっとしたことでイライラしてしまうことも増えてきたように思いますし、10代の頃と比べて明らかに体型がぽっちゃりしてきたことに気が付きました。

このままではお先真っ暗だ・・・と思って原因をよく考えたら野菜を食べる量が圧倒的に少なすぎるのではないか?ということに行き着いたわけです。

この話は私の一例ですが、実際に似たような状況で野菜不足のために以下のような状態になることはよくあります。

  • 元気が全然出ない
  • すぐにイライラする
  • なかなか寝付けない

特に緑黄色野菜が不足している人はビタミンやミネラル、食物繊維、酵素などが食事からほとんど得られないという状況でもありますのでその分だけ健康的なリスクも高まっていきます。

上記のような問題であればまだまだ浅い症状でもありますので、ここから生活習慣や食生活を改善することによってすぐにその状態を抜け出すことも可能です。

ただし、あまり長い間野菜不足が続きすぎるとイライラするどころでは済まない高血圧や糖尿病、生活習慣病などといったような病気へのリスクが高まっていきます。

実は脂肪のつきすぎや、高カロリーな食事を食べるということよりも野菜が不足している事のほうがこういった病気にもかかりやすいとのことです。
もし「最近なんかイライラするかも」と感じたら野菜の摂取量が基準値よりも少なくなりすぎていないかどうか今一度確認してみてください。

野菜が嫌いでも野菜不足を解消できる酵素ドリンクの魅力

最近はとことん野菜嫌いで実質野菜の摂取量がゼロという人も増えてきているようです。
健康を維持していくためには最低でも1日350gは野菜を食べないといけないのに、それではいつ病気になってもおかしくないですよね。

68c3057459bc77edd45a5d035bb54b8e_s

私も根っからの野菜嫌いでしたので、なんとかして野菜の栄養素を手軽に補ってイライラやモヤモヤや体のだるさを解消させつつ病気の予防と健康維持をしていきたいと思っていました。

その際に出会ったのが酵素ドリンクです。

酵素ドリンクには100種類近くの野菜を熟成発酵させた上で凝縮して配合されているので、ちょっと一口飲むくらいで簡単に一日分の野菜摂取量が補えてしまうというメリットがあります。

そして「酵素」ドリンクですから、単純に緑黄色野菜を食べた時に摂取されるビタミンやミネラルはもちろん、食事からは到底補えない酵素の量を体内に取り入れることができるようになります。

実際に試してみて分かりましたが、酵素を毎日飲むようになってからは恐ろしいくらい体調がよくて、イライラとも無縁になりました。
代謝も促進されて当初のもう一つの目的だったダイエットも成功といいことずくめです。

もし野菜不足を手軽に解消させて健康維持したい!という場合は期待以上の効果が間違いなく得られるので酵素ドリンクを飲むようにしてみるのも検討に値するのではないかと思います。

 

(注目記事)コップ1杯で野菜バケツ1杯分の酵素が摂取できる酵素ドリンクを飲んでみた

 

kosorankingbunner2