野菜を食べることは吐き気がするくらい嫌いという方もいると思いますが、野菜を全く食べないということは様々な健康リスクが高まるということを意味しています。
野菜を全く食べないことで起こりる健康リスクには以下の様なものがあります。

  • 糖尿病や生活習慣病のリスクが高まる
  • 高血圧や心臓病などのリスクが高まる
  • 肌荒れや大人ニキビなど美容トラブルが起こりやすくなる
  • 体内酵素が不足して肥満の原因となる

野菜を食べないということはビタミンB群や食物繊維をはじめ、体内酵素が不足することで代謝が低下してしまうことによって上記のようなリスクが高まるということになります。

まだ10代〜20代くらいまでの若い方であれば、もともと体内にある酵素が大人よりも多いので健康状態には問題なしと診断されて、実際に普通に生活ていく上でも特に不便を感じることがなかったりします。

247d5c65821ba972e57b40802e480fba_s

身体が丈夫で免疫力が高いと野菜不足にもかかわらずインフルエンザや花粉症などにかかることもなく、肌荒れや肥満にもならないという方はまれにいますが、年齢を重ねるごとに上記のような問題が起きてくるリスクが高くなってくることは確実です。

しかし、野菜嫌いもひどくなると野菜を見るだけでも吐き気がするという人もいます。
そこまで嫌いだとさすがに無理をして野菜を食べるというのは難しいかと思います。

野菜を食べずに健康維持するには?

なんとか野菜嫌いを克服して食べれるようになってくださいと言いたいところですが、どうしても食べたくないという方向けに野菜を食べずに健康を維持していくポイントをお伝えして行こうと思います。

0a9268945e07b2616316389d1ee82e93_s

もちろん、可能なのであれば何かしら工夫をしてでも野菜は食べるべきですが参考までにご覧いただければと思います。
野菜自体が食べられないなら野菜から得られる栄養素を摂取するというところに目を向ければ大丈夫です

ビタミン配合のサプリメントなどはいくつもありますが、それだと本来必要な野菜の栄養素を補うためにはいくつもの種類のビタミンサプリを併用せねばいけなくなるのでコストもかかりますし、効率が悪いのでオススメできません。

また野菜ジュースを飲むのは手軽でいいかと思われますが、野菜ジュースにはかなりの量の糖分が含まれる上にそれだけで野菜の栄養素を補うのには不十分です。
たまに飲むくらいであればいいのですが、毎日野菜ジュースを飲んでいるだけで野菜不足が解消できるということはありませんので注意しましょう。

最も確実に野菜不足を解消できるのは厳選した野菜を熟成発酵さて作られている酵素ドリンクを飲むということです。

DSC02522
飲みやすくて美味しいのに栄養不足にならないですし、ダイエットや美容効果も高いので子供からお年寄りまでどの世代の方でも飲むことができます。

基本的に酵素ドリンクには野菜の栄養素を凝縮して配合しているのでコップ1杯でバケツ1杯分の野菜の栄養素を摂取できるものもあります。
ちなみに野菜不足が心配という時には無添加の酵素ドリンクを使えば安心です。