最近は若い女性もうつ病で悩んでいる方が多くなってきています。

うつ病にかかっていると疲れやカラダのだるさを感じたり、何をするにしてもやる気がでなかったりしてしまいにはすべての物事がどうでもいいと感じるようになってきます。

その状態を治すにはうつの薬である抗うつ剤を使用することになると思うのですが、その副作用として太ったという女性が数多くいます。せっかく抗うつ剤の効果で精神的に安定してきたのに、今度は太ってしまったことによってさらなるストレスを感じてしまっては元も子もないですよね。

110720

今回はうつの薬で太ったとき最適なダイエット方法についてシェアしていきたいと思います。

うつが治ってからが正念場!太らないために今すぐすべきこと

うつの期間中はとにかくやる気がしなくてカラダを動かすのも億劫になって、運動が不足します。食べることにすらほとんど興味がなくなるのでうつの間に太るということはあまりないですが、うつが治ってからは要注意です。

うつの薬でうつ病が改善されると脳の働きが活性化されてきます。そうすると食欲も同時に増えてきます。基本的にいくら食べても、すぐにおなかが空いてきて摂取カロリーがどうしても増えてしまいます。
それに加えて運動は不足したままですので、何も対策をしなければかなり高い確率で太ります。

そんなうつ改善後にオススメなのが酵素ドリンクを使ったダイエットです。

具体的なやり方については下記の記事でご紹介しているプチファスティングというダイエット方法がはじめての方にはお勧めです。ぜひ参考にしてみて下さい。

なぜ酵素を使ったファスティングダイエットがオススメなのか

酵素にはダイエット効果のみならず体を元気にする効果があります。それは体の疲れやだるさ、イライラなどの体の不調の原因の大半が酵素の不足によるものだからです。またうつ改善後に特に注意したい過度な食欲を防止させる効果についても期待できます。

うつ病期間の間にも食事のバランスが崩れていると酵素が不足した状態になっているはずですから、うつ病の改善と同時に酵素を摂取するようにしていくと効果的なんです。

もしうつ病が改善できた時点で太っているわけではないのであれば、ファスティングまではしなくても毎朝の朝食前に酵素ドリンクを飲むようにするだけでもその後に太ってしまうのを防止することができます。

そしてすでに太ってしまったという場合はプチファスティングに挑戦していくことで効率よく心も体もスッキリさせることができます。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。