痩せようとして頑張って運動しても痩せないのはなぜなのでしょうか。
痩せたい・・・そして体についている余分な脂肪を落としたい・・・。そんな思いからダイエットに取り組み始める方も多いと思います。

あまり食事制限をしすぎるのは逆に健康に悪いという話もあるので極力食事については食べ過ぎない程度にしつつも、運動によるカロリー消費を行って健康的に痩せたいという願望をもちながらダイエットされている人も少なくないですよね。

bfeb119090f14e564e4c17b45ece265e_s

もちろんこの考え自体は間違っているというわけではないです。

極端な食事制限によるダイエットを行うと運動をするためのエネルギーが足りない状態となるので、運動がままならないために不健康なダイエット結果につながってしまいます。

極端に食事量を減らして摂取カロリーを抑えるということは確かに最初のうちは勢い良く体重も減っていくので意外とダイエットは簡単かも!?と感じるかもしれません。

しかし最初はそれでよかったとしても運動なしのダイエットでは筋肉量も脂肪と一緒に落ちるので代謝がみるみるうちに落ちていきます。

そうなってくると今度は摂取カロリーを減らしているのに体重はこれ以上落ちなくなってきたり、食べ過ぎていないのに太ってきたりという問題点が出てきます。

これがリバウンドの始まりということですね。

ではそうならないために運動をしてダイエットをしているはずなのにも関わらず痩せることが出来ないのは一体なぜなのでしょうか。

運動しているのに痩せない理由

やれることは全てやっているはずなのに・・・痩せないとなるとこれはもう病気なのではないかというくらいに不安になってしまいますよね。

適度な運動は代謝をアップさせて脂肪を燃焼することが本来はできるはずです。
しかしそれでも脂肪が思い通りに燃焼できずに体重も変化していかないということは一つ考えられる原因があります。

それが体内に酵素が足りていない状態になっているということです。

実はスムーズにダイエットに成功させて痩せていくためには酵素の無駄遣いを今すぐにストップして、酵素をたっぷり取り入れるということが重要視されています。
脂肪燃焼の効率を上げていくためには酵素が体内にしっかりとある状態で、無駄に使い果たしてしまわないようにその状態をキープしていくということが何よりも大切であると言われています。

酵素不足の状態で運動をしたりカロリーを制限したとしても健康的にやせることがまずできません。

運動の効果も高めてしっかり痩せるには?

運動をしても痩せられなかったのは酵素が体内に足りていないからということをお話しました。
ということは運動の効果をたかめて努力した分はきっちり結果として残して痩せるためには酵素を摂取するということと、酵素を無駄に使わないようにしていくという2つがポイントということになります。

私たちの体の中では1日の間に1兆個もの細胞が入れ変わっていきながら常に元気な新しい細胞に置き換わるという働きである「新陳代謝」が行われています。

一般的に人の体内の細胞は全てで60兆個と言われていますので、1ヶ月でその半分の30兆個、2ヶ月で60兆個の細胞が入れ替わるという計算になりますね。

96ef19488326556ec6e5308339dc435c_s

運動してエネルギーをきちんと消費して痩せるというところまでに至るまではこの細胞の入れ替わりである新陳代謝をいかにして高めるかというところが重要です。

そして酵素は新陳代謝の働きをサポートしてくれる成分ともなっています。
これら全ての条件を満たしているのが酵素ダイエットであるということになります。

今回のまとめ

ここまでの話をまとめますと

  • 通常は運動をして代謝を上げつつダイエットをするのは正しい方法である
  • 運動しても痩せないのは酵素が不足していることが原因となっている
  • 酵素不足を解消してしっかり痩せるには酵素ダイエットが最適である

ということになります。
ちなみに酵素ダイエット中は完全にファスティングを行う場合は運動はその期間中はしてはいけないということになっています。
また、普通に置き換えによる酵素ダイエットであれば運動と併用していくことでスムーズなダイエット効果が期待できます。

難しいことが一切なく単純に効果も高くてリバウンドの可能性も低い確実なダイエット方法となっていますのでチャレンジして見る価値はあるかと思います。

(注目記事)一番人気の酵素ドリンク優光泉の効果と詳細レビュー

kosorankingbunner2