糖尿病を患っているけれどダイエット目的で酵素ドリンクを飲もうと意気込んでいるけれど、血糖値が上がったり、糖尿病の症状が悪化しないか心配という人もいると思います。確かにせっかく美容や健康目的で酵素ドリンクを飲むのにもし持病が悪化したりするのであれば心配でまともに使えないですよね。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

実際のところどうなのか解説していこうと思います。

糖尿病でも酵素ドリンクを飲んで全く問題はありません

最初から結論をお話しますと、基本的に酵素ドリンクを飲んだからと言って糖尿病が悪化したり、血圧が上がる心配はありません
なぜなら酵素ドリンクには糖尿病の治療に使われたり、血糖値を下げて正常に戻す効果があるインスリンが含まれているからです。
そのため、もし糖尿病で酵素ドリンクを飲もうかと迷っているのであれば、むしろ飲んだほうが症状を抑えてくれる効果も得られて一石二鳥となります。

ただし全ての酵素ドリンクがいいものとは限りません

酵素ドリンクと言っても今は本当にたくさんの種類があります。それらの中には値段は同じでも中身が本当に良いものもあれば、中身がよくないものもあります。ここでいうよくないものとは糖質が多すぎるものなどです。

糖質が多く含まれる酵素ドリンクは飲みやすさを重視しており、美味しさで消費者を満足させる傾向がありますが、当然ながら糖尿病の予防にもなりませんし、ダイエットにも不向きです。

これでは何のために酵素ドリンクを飲むのかその目的を見失ってしまいますよね。

選ぶなら完全無添加の酵素にするべき

無添加の酵素であれば余計な栄養素が一切混じっていないので、本来の酵素が持つ効果を100%p体内に吸収することが可能です。

中でも私が実際に飲んで効果を検証している優光泉という酵素ドリンクはまじりっけがない完全無添加の酵素ドリンクになっていますので安心して飲むことができます。

また、糖質がほとんど含まれていないベジーデル酵素粒はコストパフォーマンスも高いうえに効果も高いためお勧めできます。