便秘関連の症状にいつも悩まされているという人も少なくないと思います。
便秘になってしまう原因として考えられることはいくつもありますが、中でも大きな割合を占めているのは食生活であると言えます。

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

食生活といえば野菜不足などは便秘の原因になりやすいところでもありますが、それに続いてタンパク質の摂りすぎということも便秘の原因になりやすいと言われています。

タンパク質を摂り過ぎると腸内環境を悪化させてしまう

タンパク質といえばパワーの源となるイメージや、筋力をつくって代謝を高めるために役立つといったような良いイメージが多い栄養素でもあると思います。

ちなみにここで取り上げているタンパク質とは主に肉や魚などに含まれているいわゆる動物性タンパク質に該当するものになります。

085af2849fab49da521dea54bafc189a_s

そういった動物性のタンパク質は適量であれば確かに生命活動の維持や筋力を一定に保つためには必要なものでもあります。
だからといって摂取しすぎてしまうと体内の酵素を無駄にどんどん消費していってしまいます。

そうなると酵素が体内に足りないという状況になってくるので体内に取り入れたタンパク質を消化しきれない状態になっていきます。

そして消化しきれなかったタンパク質の残留物が腸内溜まって腐敗していくことから悪玉菌が増殖して腸内環境を悪化させるということにつながっていくわけですね。

腸内環境の悪化が便秘を引き起こす

タンパクの過剰摂取によって腸内の環境が悪化して乱れていくと、腸の働きがどんどん鈍くなっていきます。
すると良い便を出すこと自体ができなくなってきたり、老廃物を体の外へとスッキリ出してあげることができなくなっていきます。

このような状態が続いてしまうといわゆる細胞便秘と呼ばれる状態が起こってしまうので実際の便が出ないということに加えて体の細胞自体の代謝が極端に低下していくことがあります。

細胞便秘の状態になっているとそんなにたくさん食べていないのに体重が思うように落ちなくなったり、肌がボロボロになってきたりと気になる症状がでてくる場合があります。

また、たった1度食べ過ぎてしまったというだけでもびっくりするくらいに体重が増えたりするのもこの細胞便秘による症状の可能性があります。

タンパク質のと摂りすぎによる便秘を改善するには?

それでは仮にいまの時点で既にタンパク質を摂りすぎてしまったせいで便秘になってしまっている場合はどのように改善していくべきなのでしょうか。
まずひとつ言えるのは今すぐに動物性タンパク質が含まれる肉類や魚類を食べ過ぎるのはストップさせるということです。

タンパク質は腸内に腐敗物をどうしても増やしてしまうので消化酵素を浪費してしまうことから代謝に使うための酵素が足りないという状況を作り出してしまいます。
まず食べる量としてはできるだけ腹六分目くらいには抑えながら消化酵素を残しておくようにするということが必要です。

DSC02873

また便秘を改善するためには外部からも積極的に酵素を取り入れるようにしていくことで消化をスムーズにできるように腸内環境を改善していくことができるようになります。

野菜をたくさん食べるようにして酵素を補うよにしていくということも大切ですし、便秘を早く解消させたいという時やダイエットをしたいという場合は酵素ドリンクを導入して酵素ダイエットに取り組むのも非常に効果的と言えます。

最近の日本人の食事内容は食べ過ぎな割には必要な酵素やビタミンなどは不足しているというケースが多くなっているのでそういった意味でも酵素を摂取することによって体質を健康的に改善していくことができます。

kosorankingbunner2