タンパク質は筋肉を作るために必要な栄養素というイメージが強いので、タンパク質を中心とした食生活にしていけば痩せるのではないかと考える人がいるようなのですが、実はこれ本当は全く逆なんです。

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

ちょっと意外な感じがするかもしれませんが、タンパク質も摂り過ぎると太る原因の一つとなってしまいます。
筋肉を作るはずのタンパク質がどうして肥満の一因となってしまうのでしょうか。

タンパク質は脂肪に変化する

実はタンパク質といえども摂り過ぎてしまうと、タンパク質(アミノ酸)が脂肪細胞に蓄積されていくとされています。
これはどういうことかというと、つまりタンパク質が脂肪へ変わってしまうということです。

とくに肉料理や魚介類に含まれているような動物性タンパク質は摂り過ぎると脂肪へ変わる率も高い傾向にあります。
そして動物性タンパク質については体内にもともとある潜在酵素を無駄にしてしまうという特徴も持ち合わせているので、タンパク質のとりすぎが原因で酵素不足となり、病気にかかったり肥満になるというケースも実際によくある話です。

動物性タンパク質はどうしても摂取すると消化に時間と手間を要することになってしまうので、消化酵素を大量に消費するので、私達の体内にもとから存在している潜在酵素の量が圧迫されて減っていくということになっています。

動物性タンパク質をたっぷり摂るというダイエット方法は間違い

もうここまで読んで頂いたのであればわかって頂いていると思いますが、巷のダイエット本などに「動物性タンパク質をたっぷり摂ろう」というようなことを推奨までしているものがあるのですが、これについては誤った見識であると言えます。

63051e52d9f21c215e80d22fb67939fa_s

肉にも魚にも脂肪は含まれていますし、特に肉には肥満へと直結してしまう不飽和脂肪酸が多量に含まれています。
もちろん鶏の唐揚げや、トンカツなどといったように油を使っている料理になるとさらに脂肪の蓄積が進んでしまい肥満街道まっしぐらとなります。

キレイに痩せるにはタンパク質は少なめで酵素や食物繊維を多めに摂る

タンパク質を摂り過ぎるとしのタンパク質が脂肪に変わるということ、そして体内の酵素を減らしてしまうことから太るということについて一連の流れを解説してきました。

美しく痩せたいのであれば、まずは体内の毒素を排出するためにも役立つ酵素と食物繊維をたっぷり摂取するということは欠かせないことです。

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s
健康も維持しながらイキイキとした生活を送りながらもダイエットをするには腸内環境を整えるということが必要になるので、食物繊維を食事から多めに摂取するということが大切になってきます。

酵素を摂取して代謝をアップさせながら、腸の調子を整えていい便をしっかり毎日排出して体の老廃物を出すようにするというのがキレイに痩せるためには重要です。

ポイントはいかに余分なものを溜めずに要らないものを出すかということに尽きます。

サラダチキンなどを使った鶏肉のダイエットも人気ですが、そればかり食べるとタンパク質が多くなりすぎるので注意しながらキレイにダイエットしていくように心がけていきましょう。

(注目記事)酵素たっぷり!費用対効果バツグンのお嬢様酵素を実際飲んだ体験談

 

kosorankingbunner2