最近は体重計や体組成計などでも一つの項目として体内年齢というものが測れるようになってきています。
もし実際に体内年齢を測ってみたときに自分の実年齢よりもずっと高かったらかなり気になりますよね。

いやいや見た目は実年齢とかけ離れていないし何かの間違いでしょ?とか、見た目が実年齢通りなら問題ないのでは?といったように考える人もいると思いますが、心のどこかでは引っかかるところはあるかと思います。

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

そもそもなぜ体内年齢が高い状態になってしまったのでしょうか。
生まれた時から体内年齢が高いというようなことはありませんので、体内年齢がもしも実年齢よりも高いという結果がでたのであればその原因は必ず今までの生活習慣の中にあります。

ちなみにこちら簡単に体内年齢が診断できる表をご用意しましたので、ご自宅に体内年齢を測定できる環境がない場合はこの表で確認してみてください。

  • 肌荒れなど、肌のトラブルが多い
  • 顔色が悪いと頻繁に言われる
  • 実年齢より年上に見られることが多い
  • いつも便秘気味である
  • ちょっとしたことですぐ疲れる
  • 肩こり、腰痛、生理痛などの不調を感じる
  • 階段を登るとすぐに息が切れる
  • 冷え性である
  • キンキンに冷えた飲み物やデザートが大好き
  • スイーツ類をよく食べる
  • 生野菜をあまり食べない
  • 魚介類よりも肉食中心である
  • アルコールを摂取する頻度が高い
  • 加工食品を食べることが多い
  • いつも夜更かしをしている
  • 睡眠時間は基本的に6時間以下である
  • ストレスを感じたり溜めることが多い
  • 喫煙をしている
  • 水分不足である

もしこのチェック表の中で当てはまる項目が4つ以下であれば体内年齢は実年齢とほぼ同じと考えて大丈夫です。
内蔵などの器官は年齢とほぼ同等で元気な状態をキープできています。

5〜9個ほど該当しているという場合の体内年齢は実年齢よりも5〜9歳ほど高いということになります。
当てはまる個数が多いほど生活習慣が乱れていると言えますので、改善していかなければさらに体内年齢が上がっていきます。

10個以上該当した場合は、既に体内年齢が実年齢よりも10歳以上高いという状態まで来ています。
ここまで来ていると表面上も誤魔化しがきかないので肌もボロボロで、代謝もガタ落ちしているということが予想されます。

体内年齢が高い原因は?

上記の表にて体内年齢を測ってみたのであれば、その当てはまっている生活習慣が体内年齢を高くしていると言うことができます。
また、機械で正確に測定したみたという場合でも上記の表に当てはまったという場合でも共通して言えることは基礎代謝が低い状態だと体内年齢が高くなるということです。

基礎代謝は生命活動を行う際に消費するエネルギー量にも関係してきますのでダイエットにも大きな関わりがあるところですし、美容面や体の健康維持のためにも重要度の高い項目でもあります。
本当の意味で体内年齢を下げて体の中から若くしていくためには基礎代謝を向上させるということは必要不可欠になります。

体内年齢を若くするための秘訣

ではズバリどうすれば体内年齢を本当の意味で若くすることができるのかというと、体の中に酵素が十分ある状態を作ってそれを維持するということになります。
酵素は動物や植物が生きるためには絶対必要である栄養素の1つです。
酵素が足りないと人は病気にかかりやすくなったり、体内年齢が上がって老化が進んでしまいます。

110ce6d08d27199f43f6aa8c4077e4fb_s

逆に酵素が体内に十分足りている状態であれば、めったなことでは病気にかからなくなりますし、体内年齢も若い状態を保つことができるようになるんでいつも元気で活発に過ごせるようになります。

酵素は酵素ダイエットという言葉がひとり歩きをしてダイエットのイメージが強く根付いてしまっているところもありますが、体の外側も内側も両方若くするために役立つ万能な栄養素になっています。

(注目記事)コップ1杯で野菜バケツ1杯分の酵素が摂取できる優光泉酵素を1週間飲み続けた結果