ついさっき食べたばっかりなのにすぐにお腹が空いてしまって困っているということはありませんか?

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_s

普通に満足するくらいの量のご飯を食べてすぐにお腹が空くとせっかく食べたのに満足できている時間が短くなってしまいますし、お腹が空いてイライラしてしまうのでついついさらに食べてしまって総カロリーがとんでもない事になってしまうということもありますよね。

食後すぐに感じてしまう空腹感の原因はどこにあって、食べる量を増やすことなく対策するにはどうすればいいのか紹介していこうと思います。

食べてすぐにお腹が空く一番の原因は血糖値にあり!

食べたはずなのに空腹感に襲われてしまうのは血糖値が急に上がったり下がったりといったような激しい動きをすることが大きな原因となっています。

満腹で満足した状態になるのは実は「胃」ではなく「脳」だということをご存知でしたでしょうか。
食べたものは胃袋に入るんだから胃がお腹いっぱいと感じるようなイメージもありますが、そうではなく実際は脳内の血液中の血糖値によって満腹感や空腹感を感じるようになっています。

血糖値が下がると空腹感を感じるようになり、逆に血糖値が上がると満腹感を感じるというのが仕組みになっています。
普通は食事をすると血糖値が上がって満腹になるはずなのですが、今回のように食事をした後にも関わらずお腹が空くということは食後に血糖値が下がっているということが可能性のひとつとして考えられます。

実はこれ「低血糖」といわれている症状の一つでもあるんです。

低血糖の原因となることがまたさらにいくつかあるのですが、例えば以下のようなものが低血糖の原因としては有名です。

  • 糖尿病の治療でインスリンを過剰摂取している
  • 内服薬の使用量が多い
  • 食事摂取量のバランスが悪い
  • アルコール摂取過多
  • 喫煙

こういったものは外因性の要因として低血糖の状態を作り出してしまうことがあるということになります。

食べてすぐにお腹が空く低血糖を改善するには?

今回のようにしっかりと普通の量の食事を食べているはずなのに食後すぐ空腹感を感じてしまうような場合は低血糖症を改善するようにしていくことで、思いの外簡単に食後のよくわからない空腹感を解消することが可能となります。

1.食事療法での対策

お米やパン、麺類などの糖質は主食となることが多いと思いますが、それらの主食は空腹を呼び起こす原因となる場合が多くなっています。

もちろん糖質制限ダイエットなどを行っているのでなければ一切食べてはいけないというわけではありませんが、できるだけ少なめにするのがポイントとなります。

食べる順番としては食物繊維が含まれる野菜やきのこ類などを先に食べて、それから肉や魚、最後にご飯というような順番にしていくと血糖値のコントロールを行うことができるようになります。

また食後のデザート代わりにフルーツを食べる方もいると思いますが、実はそれは太る原因にもなりますしすぐにお腹が空いてしまう原因にもなってしまうので控えるようにしましょう。

フルーツには食物繊維が含まれているので食前に食べてそれから食事をするようすると血糖値のコントロールがしやすくなります

2.本当の空腹と空腹ではないのに空腹感を感じているだけの違いを見極める

前回食事をしたり何かを食べた時の時間から現在空腹を感じている時間を計測してどの程度の時間が経過しているかによって本当にお腹の中が空っぽで空腹になっているのか、ただ血糖値の問題で空腹感を感じてしまっているのかわかります。

ただ空腹感を感じているだけの時に何かを食べるのは得策とはいえないので、空腹感をなくすために太らないのに血糖値の調整ができるものを飲んだり食べたりして対策をするとか、運動をすることで意図的に血糖値を高めて空腹感を抑えるという方法もあります。

もし前回の食事から5時間以上が経過している場合は本当の空腹と判断できますので、その時は上記で紹介したような食事療法も参考にしながら食事を摂るようにするといいですね。

3.酵素ドリンクで血糖値の調整をする

美容やダイエットに効果的な酵素ドリンクですが、実は空腹感を抑えるための成分が酵素には多々含まれているというところも大きなメリットとなっています。

酵素ドリンクといえば置き換えダイエットや、ファスティングが主流な使い方となっていますよね。
普通に誰でも食事を置き換えたりすることができる秘密はその酵素ドリンクに含まれる空腹抑制作用にあります。

酵素ドリンクには糖質が含まれているので飲むことで血糖値が上がります。
そのため飲んだ瞬間に結構満足感を得ることもできるようになっています。

また酵素ドリンクは配合されている酵素の種類が多くなっており、多数の野菜や果物から抽出された栄養素などもたっぷりと凝縮されています。とくに空腹感に効くのは配合されている酵素の種類が多いものとなっていますので、選ぶときにはそういった観点でチェックしていくといいでしょう。

通常どおり酵素ドリンクでダイエットを行う場合は食事に置き換えて飲むようにしていけばいいのですが、ダイエットをするつもりはないけれど食後の空腹感がイヤと言う場合は食前に酵素ドリンクを飲むのが最も効果的です。

それ以外はお腹が空いたタイミングで飲んでいくようにすれば空腹対策だけでなく健康維持にも大きく効果がでるようになるので一石二鳥となりますよ。

【体験談】酵素数が多く食べてすぐの空腹に効く酵素ドリンクを飲んでみた

関連記事

kosorankingbunner2