食事量のコントロールが効かなくなったりして食べ過ぎてしまう状態が続くと、ただ肥満になってしまうだけでなく健康にも大きな影響がでてきます。
なかでも糖尿病などの病気かかる可能性もありますのなるべく早くその状態を抜けださなければいけません。

097757

食べ過ぎによって糖尿病などの病気にかかってしまう可能性が高くなる理由は、内臓脂肪がたまることが原因として一番大きなところになってきます。
この内臓脂肪というのは糖尿病のみならず幾つもの病気に同時にかかる可能性も高くなるので非常に危険です。

食べ過ぎによって内蔵脂肪が溜まることで以下のような病気にかかる可能性が高まると言われています。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常

食べ過ぎると胃の消化吸収能力をオーバーしてしまうことになるので、エネルギーとして消費しきれなかった分の脂肪が内蔵周辺に蓄積されて内臓脂肪となっていきます。

そして内臓脂肪からはアディポサイトカインという物質にが分泌されることになるのですが、その中に含まれる悪玉ホルモンが血糖値を上昇させたり血圧を上げたり、脂質の異常を引き起こすということがわかってきています。

つまり高血圧や糖尿病、脂質異常などを全て同時に併せ持っている人などについてはたまたまそれらが同時に起きてしまったのではなくて内臓脂肪が根底の原因として考えられるということになっています。

そして逆に内臓脂肪を減少させて、体に必要な善玉の脂質だけを残して悪玉ホルモンが増加しないようにしていくことができれば糖尿病などの病気にこれからかかるリスクを低くすることができますし、既にかかっている人についてはそれらの症状を緩和することができるということになります。

酵素の力で内蔵脂肪を減少させよう

食べ過ぎなどが原因となって肥満になり内臓脂肪が溜まってしまうと、血管にダメージが蓄積されていきます。
血管は私達の体の隅々まで栄養素を運んだり、健康を維持するためには重要な役割を果たしているライフラインとも言える器官です。

この血管の流れが悪くして代謝を滞らせる最大の原因といえるのが食べ過ぎや酵素不足の食生活となっています。

ということは、酵素不足にならない食生活にしていくことができれば血管の流れを良くして代謝を上げることができるということになりますよね。
代謝を上げることができれば内臓脂肪を溜まりにくくして、溜まった脂肪を減少させていくこともできます。
そして内臓脂肪が減少されるということは糖尿病や高血圧、脂質異常などの病気を予防や改善できるという流れになります。

酵素飲料には食べ過ぎを抑制する効果も

酵素ダイエットは今最も効率的なダイエット方法となっているので取り組まれる方も年々増加しています。
その人気の理由の中のひとつとして酵素飲料を飲むことで食欲を抑制することもできるということがあります。

ついつい食べ過ぎてしまったり、過食がやめられないという人も酵素飲料を飲むようになってからは食欲をコントロールできるようになったという人はたくさんいます。

DSC02522

そのため酵素飲料を使ってダイエットに取り組めば、内臓脂肪を効率よく落とすことができるだけでなく悩みの種である過食などを防止することも可能ということになります。

(注目記事)酵素不足を解消できる完全無添加の酵素ドリンク実際に試してみた