e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

少食なのに太るという謎の体質のせいで苦しめられてきたということはありませんか?
周りの人たちと比べてどう考えても食べる量は少ないはずなのに太るとなると意味が分からないですし、納得もできないですよね。

なんで皆はおいしそうなものをたくさん食べているのに太らないで、自分だけあまり食べていないのに太るのか。

その原因は実は体質の中にしっかりと存在しています。
そのため原因を理解して改善していくようにしていけば少食なのに太るというような状況から逃れることは充分に可能となります。

少食なのに太る最大の原因とは?

実際のところ少食なのに太ってしまうということの原因と考えられるのは2つしかありません。
まず一つ目が少食と思っていても実は食べているものを見ると糖質や糖分などが多いということ。

食べるものの質が悪いといくら少食で食べている量が少なかったとしても太ります。

ひとり暮らしをしている若い方に多いのですが、時間がとにかくないからということでコンビニで売っているもので食事を済ませたり、外食をすることが多いとこのような状況になりやすい傾向にあります。

コンビニなどでそのまま食べられるようにして売っているもののほとんどは添加物や保存料の宝庫と言ってもいいくらいのものですので「これは健康に良さそうだし」と思って買っているものでも普通に太る原因となっていることはよくあります。

そして2つ目の原因は少食で食べているものの質も量も問題なかったとしても体の代謝機能が著しく低下している可能性があるということです。

食事に関係ないところで代謝を落としてしまうと言われているものには以下のようなものがあります。

1.睡眠不足

時間がないからと言って夜更かしをして睡眠時間を削ったりしていませんか?睡眠時間が足りていない場合は基礎代謝を大きく下げる要因になりますし、肌を弱くしてしまったり体力を低下させてしまうなど様々な方面に目に見えてわかるレベルで悪影響がでてきます。

寝すぎもよくありませんが、適度な睡眠時間は毎日確保するようしていくのが代謝の低下を防止するためには必要です。

2.冷え性

体の節々が冷えるつらい冷え性ですが、冷え性になっているということはそれ自体が代謝が低いことの表れでもあります。

冷たい食べ物や飲み物ばかりを摂取していたり、入浴をせずにシャワーだけで済ませていたりすると体が温まるっことがないのでその影響で代謝が落ちることもあります。

1日1回15分程度は入浴をしたり、食事の際にはお味噌汁やお茶などを飲んで体の中から温めるようにすると効果があります。

3.運動不足

日頃の運動量が不足しすぎていると筋力が想像以上に早いスピードで衰えてしまうのでそこからも代謝が低下することがあります。

学生であれば通学や学校の授業で運動をある程度行うのでそこまで運動不足になることはありませんが、社会人になってくると特に通勤も車を使うから歩くこともなく、休日は自宅でのんびりしているから運動はしないと言った状況になることはよくあります。

そうなってくると半年もすれば見る見るうちに代謝は落ちていくので少食で食べる量は今までと変わらなかったとしても次第に太ってきてしまいます。

落ちた代謝を素早く向上させるには酵素を摂取するのが最適

上記のような様々な原因が合わさって少食なのに太るような体質になってしまっているわけですが、この燃費の悪い体質を素早く改善していくためには酵素を摂取するようにしていくのが最も効率のいい方法と言えます。

今から毎日ジョギングをしましょう!と言われても誰もやりたくないですよね。
そのため摂取する栄養素などによって体の内側から代謝が向上するように働きかけるようにしていくのが理にかなった方法と言えます。

もしそれだったら今すぐに代謝を向上させて痩せたい!と言うのであれば即効性のある酵素ダイエットに取り組むといいでしょう。

DSC02508

酵素ドリンクには100種類近くの野菜をそのまま凝縮して詰め込んで得られる大量の酵素を摂取できると言う特徴があり、いかなる原因で代謝が落ちていたとしても数日から数週間程度の短い期間でも代謝を向上させることができます。

ファスティングやプチ断食を行えば同時にグッと体重を落とすこともできるのでその即効性をすぐに実感することができるようになります。

もちろんできるのであればウォーキングなどをして運動もするべきですが、敢えて無理をしてまで辛い運動をしなくても体質を変えて痩せられるというのが魅力です。

>>少食なのに太る体質を改善できる酵素ドリンクとは?実際に使って感じた本音