結婚して妊娠して出産を終えて、無事に可愛い赤ちゃんを抱っこできるようになり、幸せ絶頂の時期に入っているもののどうしても気になるのが産後の体型という方、とても多いですよね。

3c00936cf4b40e27e8c44c8cf121c0a3_s

それに気になるのが産後ダイエットは危険なのではないかというところです。実際に産後にどのようなダイエットをしてしまうと危険なのか、またどのようにすれば安全に痩せることができるのかポイントとなる部分についてお話していこうと思います。

産後ダイエットの危険性について

最近はよくテレビに出ている女性タレントや女優が妊娠出産後も割と早い段階スレンダーな状態に戻っていて一体どうやっているの?と不思議に思うママさんも多いと思います。

予備知識があまりない状態でタレントさんのようにスレンダーになりたい!と産後ダイエット一直線で行うのはやはりある程度危険を伴うので控えた方が良いかもしれません。

特に産後1カ月は骨盤や子宮がまだ正常な状態に戻っていないことがあります。そのため最低でも1カ月以上はなるべく安静な状態で様子をみるのが体のことを考えると一番です。

無茶なダイエットをすると体調不良や母乳が出なくなるといった危険性も

とくにまだ産後間もない時期は体力が通常の状態と比べてかなり低下している可能性があります。そのためちょっと体を動かしてみようかな?と思って動いてみると思いのほか筋肉量も低下していて動くのがつらいと感じることもあります。

85182cbb5b5f7d7042e9c3afd1451a9f_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その状態でムリをして体を動かしてしまうと次第に体調がすぐれない状態が続くようになってしまったり、母乳がスムーズに出なくなってしまう可能性もあります。

こうなってしまうと、育児のストレスなども相まってどんどん周りの状況が悪い方向へ流されて入ってしまします。しばらくの間は1~2か月くらいは体力が戻ってくるのを待って、動けるかも!と感じるようになってきたら徐々にストレッチやウォーキングなどの軽い運動から始めていくのが一番です。

産後ダイエットに取り組む時期が早すぎることによってこんな危険性も

ここまで読んだ時点でおそらく産後すぐの段階でダイエットに取り組もうとされる方はほとんどいないとは思いますが、念には念をということでもう少しだけ産後ダイエットの危険性についてお話を続けます。

実は産後ダイエットに取り組む時期が早すぎることによって以下のような症状が出てしまう危険性もあるということがすでに分かっています。

  • 子宮脱
  • 尿失禁
  • 排便困難

これらの症状は産後すぐの段階で現れるわけではありませんが、産後にダイエットをするのが早すぎたことが原因となって骨盤靭帯が弛緩になることで将来そういった状態となってしまうことがあるとされています。

産後でも安全に痩せるためのポイント

産後ダイエットの危険性については十分わかっていただけたかとも思いますが、それでも何もしないで赤ちゃんと一緒になってゴロゴロしながらお菓子や菓子パンを食べてテレビを見ているような生活をしてしまうとブクブクと太ってしまうこと間違いなしです。

やはり妊娠時の段階で誰でも筋力は落ちることで基礎代謝も一緒にガタッと落ちているので、太りやすい体質になっています。かといって運動をしたり食事制限をするわけにもいかないので、産後というのは本当に難しい時期ではあります。

そんな中でもなるべくスムーズに痩せるためにはまずは食べるものや飲むもの自体を考慮しながら体内から基礎代謝を少しでも早く回復させるようにしていくことが最も大事なポイントとなってきます。

基礎代謝を可能な限り早い段階で上げることができれば、体力や筋力が回復してきた段階で少しづつ有酸素運動などにも取り組むことで痩せやすい状態に準備をしておくことができるからです。

そのためには、いくつか方法がありますが経験上、最も効率良く産後に代謝をあげられるのは酵素ドリンクを飲むということです。酵素ドリンクを飲みながらであれば1食分の食事量を少し減らすくらいであれば産後でも栄養不足に陥ることはありません。酵素には代謝を上げる効果があるので、動けない産後には最適です。

DSC02522

産後ダイエットに最適な酵素としては優光泉という酵素ドリンクが最適なものとなっています。優光泉は完全無添加ですので、産後や授乳中のママさんも安全に飲むことができる折り紙付きです。

少しでも楽でスムーズに産後ダイエットに取り組んでいきたいという女性にとっては心強い味方です。