産後に体型を何とかしうて戻そうとして運動をしようとしても、どうしても腹筋などをすると腹圧の影響で子宮にギュッと痛みが走ることがあります。

何故そのようなことが起こるのか、不安になってしまって運動すること自体が怖くなってしまう方も多いと思います。

3ea5e62998d0897d5e9aa2a9347970da_s

では一般的にどのくらいのタイミングで運動をして産後ダイエットに取り組むのが最適なのか。そして、腹圧をかけずに産後ダイエットをするにはどうすればいいのかといった対処法についてご紹介していこうと思います。

痛みを少しでも感じるなら運動はまだしない

まず運動についてなのですが、産後間もない段階で腹筋などをするとどうしても腹圧がかかってしまうので、子宮周辺に痛みが走るということを避けられない傾向にあります。

ちょっとでも痛みを感じるのであれば、それはまだ運動ははやいというサインでもありますので、腹筋をするのは避けましょう。

かと言って何も動かないでいるとどんどん体型がぽっちゃりしてきてしまうのは事実です

そういった場合はまずは「単純に歩く」ということにだけ注力してみると効果的です。少し動けるようになってきたかな?と感じてきたら外にでてウォーキングをしてみましょう。

ずっと家にいるとどうしても運動量は絶対的に不足しますし、食べたいものをすぐに食べてしまうことも多くなります。

平均的には産後1ヶ月半から2ヶ月くらい経過してからこのようにウォーキングを始めとした軽い運動を少しづつ行っていくといいとされています。

産後に運動をしないで痩せる方法

ウォーキングくらいであればしたほうがいいということはお話しましたが、それでもまだ今の私にはちょっと無理・・・と思われる方もいると思います。

運動が出来ないとなると消費できるカロリーは増えませんので、摂取するカロリーを減らすしか方法はありません。

かと言って、むやみに食事制限をするのはこの時期には避けなければいけません。やはり産後の体は栄養が不足しがちですので、体調を崩してしまったり、母乳が出なくなるような自体を避けるという意味でも基本的には3食食べることをおすすめします。

では1日3食しっかり食べながらにしてどうやって摂取カロリーを抑えればいいのか。

というところが最大の問題になってくるかと思います。それにはちょっとしたコツがありますのでご紹介していきたいと思います。

酵素ドリンクで間食を防止

皆さんは酵素ドリンクについてご存知でしょうか。酵素ドリンクは通常はファスティングといって断食の際に食事の代わりに飲むことで健康を維持促進しながら大幅なダイエットをするための飲み物です。

産後の時点では断食は危険性やリスクが高くなるので、あまりオススメはできませんが、間食の代わりに酵素ドリンクを飲むという使い方は理論上栄養のめぐりの効率もよくなり、代謝を上げることができ、同時に間食によって摂取していたカロリーをカットできるので、安全性も高いです。

酵素ドリンクを飲んでおけばお菓子や菓子パンなどを食べたい!というような突然の空腹に襲われることもなくなりますので、産後のママさんには最適ですよ。

また、体の中に溜まった毒素が少しづつ抜けていくので、産後太りをスムーズに解消できるだけでなく体調もぐんとよくなります。産後ダイエットでお悩みであればこの方法もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。