おしっこをした時に尿の色が異常に濃いとか、尿の臭いが伝わってくるくらいに酷いということはありませんか?

ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s
実はその尿の色の濃さや臭いによって自分の健康状態がある程度わかるとともに、あまり酷いようだと体調不良や病気を引き起こす前兆であることが事前にわかるということもあります。

しかし心当たりがないのに尿に異常を感じると何が原因かわからずに不安になることもあるかと思います。

  • 特に便秘などではない
  • 食事の内容や量が変わったということもない
  • 栄養ドリンクなどの尿によくなさそうな飲みものは飲んでいない
  • おしっこの量自体は変わらない

普通はそんなに濃い色ではなくてサラっとしていて薄い黄色と半透明のような尿だった急に濃い色になったり、その状態が長く続いてしまうのはなぜなのでしょうか。

尿の色が濃くて臭いのは酵素不足のサイン

尿の状態は人それぞれ微妙に違うところもあるので一概には言えないところもありますが、今回のように尿の色が濃くて臭いという状態が長引くようなら体内の酵素不足を表すサインであると考えられます。

尿の状態と酵素が関係あるの・・・?と思ってしまうかもしれませんが、実はバッチリ酵素は尿と関係があるんです。
色が濃いだけであれば、脱水症状だったりするだけということもあるのですが、それに臭いが加わった時には原因が脱水症状ではなく酵素不足にいきつくことになります。

酵素には消化酵素代謝酵素の2種類が体内に存在しています。

68c3057459bc77edd45a5d035bb54b8e_s

消化酵素は食べたり飲んだりしたものを消化するために使われる酵素で、代謝酵素は生きて活動するために使われる酵素です。
人が口に入れて食べたモノについては消化してから排泄にいたるまで一連の流れがあるのですが、酵素が不足しているとこの流れがきちんとできなくなるので老廃物や毒素が体内に溜まっていきます。

つまり酵素が不足していることによって食べ物の消化に粗が出るために尿に通常は含まれないような毒素などが混じってでてきていることが臭くて濃い尿が出てくる原因となっていると考えられます。

酵素不足だった場合放っておくと何か問題があるの?

尿から酵素不足であったことが分かったとしても、酵素を摂取してまで尿の状態を改善させるべきなのだろうかというところがまた一つ悩ましいところですよね。

酵素不足を放っておくと現れる可能性がある症状

  • 太りやすい体質になる
  • お腹が張ったりガスが溜まりやすくなる
  • 疲れやすくいつもだるい状態になる
  • 下痢や便秘などになりやすい体質になる
  • 頻繁にめまいがする

などなど一部酵素不足の時に現れるとされている症状について紹介しましたが、どれもなってしまうととんでもなく嫌ですし、ストレスになるものばかりですよね。

これらの症状の次の段階として肥満による病気のリスクなどもあるわけですので、やはり気づいた時点で酵素不足は解消させておくに越したことはないかと思います。

尿の濃さや臭いを酵素で改善させる

尿の異常を早めに改善させて、様々な健康リスクを予め予防していくには酵素を体内に取り入れて体質から改善していくことが一番重要です。

まだまだ酵素の持っている力や大事さは知れ渡っていないところもありますが、酵素は胃腸の機能そのものを向上させることが出来ます。

最近の日本人の食生活ではどうしても酵素が足りなくなりがちなので、実際は大半の人が酵素不足に陥っているとまで言われています。

そんな酵素を自分の意思で補っていくようにすることで、弱っている胃腸の機能も回復させながら、尿が濃いとか臭いといった問題を解消させていくことができるようになります。

今では酵素が凝縮されて配合されている酵素ドリンクがたくさんでていますので、それを飲んでいくことで簡単に酵素不足を解消することができるようになっています。

酵素を毎日適量補充しながら、胃腸の機能を向上させていけば血液の中に余計な老廃物が入り込むことも防ぐことが出来ます。
また、代謝酵素や消化酵素が足りない状態もこれで避ける事ができるので、消化不良などが起こらない体質に改善することができます。

尿の状態を元に戻しつつ健康維持をしていくためにも酵素ドリンクを使った生活をしてみるといいのではないでしょうか。

 

(注目記事)これで酵素不足は解決!完全無添加の優光泉酵素を実際に使った体験談

 

kosorankingbunner2