胃もたれなのかすらよくわからないくらいに喉から食道の辺りが苦しい状態になって不快感を感じることが頻繁にあるということはないでしょうか。

1da63c339f30df64aad9c75f46c63f17_s

実はこの症状は胃もたれである可能性に加えて逆流性食道炎を起こしているという可能性もある状態と言えます。

胃もたれの場合は食べたものが消化されずに胃の中に残留物が残ってしまうことによって胃に気持ち悪い不快感がでてくるようになります。

そして胃の不快感を感じているということは胃酸がいつもよりも多く分泌されているために胃の中で必要以上に刺激を与えてしまっている場合があります。

そして今度はその過剰に分泌されてしまっている胃酸が何らかの拍子によって食道や喉の辺りまで逆流してくることこそが今回のように喉や食道の辺りが苦しいと感じる症状の原因となります。

なぜ胃酸が多く分泌されたのか

胃酸は本来は食事によって体内に入ってきた食べものを殺菌しながら消化させるという重要な役割を持っています。
これは自分の胃を守るという意味でも必要不可欠な働きでもあります。

しかし、そんな胃酸も適量ではなく過剰といえるほど多くの量が分泌されてしまうと今回のように胃の中で胃酸が増えすぎて胃の粘膜が少ないところを中心に胃を傷つけてしまったりすることがありますし、逆流してくることで食道や喉の周辺に強烈な不快感を及ぼしてしまうこともあります。

そして胃酸が多く分泌されてしまう原因として考えられるのは以下のようなものがあります。

  • ストレスや精神的な負担が大きくなってきている
  • ガストリン分泌量が過剰になっている
  • 刺激性の食べ物を頻繁に食べている

胃酸はストレスによって自律神経の働きが活発になってきた時に大量に分泌されていくと言われています。特に人間は強いストレスを感じたり精神的な負担が高くなってきた時に自律神経の中でも交感神経が過剰に働くことになります。
そうすると交感神経のバランスを調整する目的で副交感神経もいつもの数倍以上も活発に働くことになっていきます。副交感神経が活発に働くことでその副産物のような形で胃酸が大量に分泌されてしまうということがあります。

ガストリンというのは胃酸や消化酵素などを分泌させたり、血糖値を抑制するためにインスリンを分泌させるという働きがあるホルモンです。

とくに空腹状態が長く続いたようなときにガストリンが過剰に分泌されて、それが原因となって胃酸も多く分泌されてしまうという流れが実際にあるようです。

そして食事の内容によってはその刺激性の強さが原因となって胃酸過多の状態に陥る場合があります。
一般的に刺激性が強く胃酸を多く分泌させてしまう可能性が多いとされているものには以下のようなものがあります。

  • 揚げ物
  • コーヒー
  • アルコール
  • 香辛料
  • 酢の物

こういった食材などについては少なくとも胃酸が分泌されていて苦しいと感じるような時は控えたほうがいいです。

胃酸が喉まで逆流するのはなぜか

それでは今度は過剰に分泌されてしまった胃酸が喉や食道のあたりまで逆流してしまう原因についてみていきましょう。
これついては食生活の内容、肥満、加齢、姿勢の悪さなどによって食道を胃酸の逆流から守るための仕組みが弱まってしまったということが主な原因ということになります。

056313417f3cedbfae5286319977154e_s

脂肪分が多い食事は特に消化酵素を無駄に浪費することから消化できなかった分の脂肪を溶かそうとして胃酸を過剰に分泌させたり、胃酸を逆流させてしまう原因に繋がりやすいと言われています。

加齢については対策のしようが無いと思われがちですが、実年齢として加齢したとしても体内年齢についてはコツを掴んでおけば若いままで維持していくことも可能です。

とくに酵素を摂取して新陳代謝を高めるようにしていけばマイナス5歳くらいであればあっという間に若くすることも可能となっています。

体内年齢が若ければそれだけ胃酸などに対抗していく免疫力も高めることができます。

喉や食道の苦しい症状を改善するには?今回のまとめ

今回のように胃酸の過剰分泌や、その胃酸の逆流によって喉や食道が苦しいという状態になってしまう場合はいくつか改善するために役立つ方法があります。

まずもし今脂肪分の多い食事が中心になっていたり、食べ過ぎることが多い落ちう場合はそれが元となって胃酸が逆流してしまうこともあるので控えたほうがいいですね。

また、肥満の人は腹圧が上がって胃酸が逆流しやすくなるということも言われていますので、肥満を無理なく解消させる酵素ダイエットなどをされていくのが最も効果的といえます。

酵素を摂取することで胃酸が分泌される元となる消化不良を改善することができますし、代謝をたかめながら内臓脂肪を減らしていくことができます。

そのため腹圧がかかってしまい胃酸が逆流するという対策をすることも可能です。

胃もたれ&逆流性食道炎に最適な酵素はこちらになります。

kosorankingbunner2