133749a25e4ebb88be63d47a51ee266f_s

普段はそこまでむくみが出ていたということはないのに妊娠中に体のあちこちがむくみだして酷いことになってきたということで悩んでいる女性が増えてきています。

とくに妊娠中期ころから妊娠後期にかけてはむくみが出てきてしまう比率が高くなってくると言われており、妊娠中の体の悩みの一つとして多くの女性を困らせ悩ませる要因となっています。

いろいろと自分なりに対策をしようとしたり、先輩方や友人などに相談をしながら対処をしてみるという人もいると思いますが、そのアドバイスが必ずしもあなたにとって最適な方法とは限らないのが現実です。

今回は妊娠中のむくみの対策として数ある対処方法の中でも一番効果の高い方法をご紹介していこうと思います。

そもそもなぜ妊娠中にむくみがではじめるのか

まずはそもそもどうして妊娠中にむくみが出やすい状態になってしまったのかという原因から見ていきましょう。

むくみというのは脂肪が増えた!というようなものではなく、体内に水分が蓄積してしまうことから腫れるような状態になってしまうという症状です。

主な原因となっているのは一般的には塩分摂取量過多や運動不足などが挙げられます。

妊娠中の食生活を振り返ったときに塩分が多くなっていたかもしれない・・・とか、運動量が明らかに不足してきているかもしれないと感じることがあればそれも原因の一つになっていると見て間違いありません。

さらに妊娠中特有の原因ともいえるのが血液量が通常時よりも大きく増加しているというところにあります。

特にお腹の中にいる赤ん坊のサイズが大きくなればなるほど血液量は多くなり、最大で薬1.4倍ほどにまでその量は増加すると言われています。

そしてその増えた血液量にも関わらず妊娠中ということもあって代謝機能や全身の血行が著しく悪い方向へシフトしてしまっていることが一番の原因と考えて間違いありません。

妊娠しているということはあなた自身の血液だけでなく、お腹にいる赤ん坊の分の血液や水分を同時に抱え込んでいるということでもあるのでどうしてもむくみは出やすい状況になってしまいます。

酵素ドリンクで血行を大きく促進させる

  • 血液量の増加
  • 血行不良
  • 代謝の低下

この3つの要因を以下にして取り除いていくかというところが妊娠中のむくみを少しでも早く解消するための大きなポイントとなってきます。

これらの要素を全て解消することができるとされているのが酵素ドリンクとなっています。

酵素ドリンクと言えば女性向けのダイエット商品であるというイメージが世間一般には広まっていると思います。もちろんその面が大きいのも事実ですが、今回のように妊娠中のむくみの対策として酵素ドリンクを使うというのも非常に有効な手段となっています。

その仕組みは酵素ドリンクに含まれる酵素が血液の中に含まれる老廃物などを体の外へと排出するデトックスという働きがあるということからその効果が発揮されるようになってきます。

妊娠中に血液が増えるということはお話した通りですが、それに加えて血管が細くなったり体内の細胞の働きが正常ではない状態になることから血行不良となり代謝が落ちていく流れを作りだしてしまっています。

そのため酵素ドリンクを飲みながら血行を促進し、血液量が多かったとしてもスムーズに体全体に綺麗な血液を循環させることができるようにすることでむくみの発生するメカニズムを根本から改善することができるようになります。

むくみに最も効果的な酵素ドリンクとは

酵素ドリンクと言っても様々な種類がありますし、安価なものから高価なものまで値段の幅も非常に広くなっています。

ただ高い酵素ドリンクを買えばそれでいいというわけでもありませんし、安すぎるのも製造過程や配合成分などを見た際に色々とリスクがでてくるものです。

今回のような妊娠中のむくみの対策に使いたいという場合であれば、妊婦や産後のダイエット目的でも使われることが多いベルタ酵素が適していると言えます。

DSC02483

ベルタ酵素は他の酵素ドリンクと比較してみるとすぐにわかるのですが、酵素数の多さが群を抜いているという特徴があるだけでなく、飲みやすさもナンバーワンと言ってもいいくらいになっています。

妊娠中ですから体が甘みを欲することもあると思います。
そんな時にデザート感覚でベルタ酵素を飲むという楽しみ方もできるので工夫次第で活用の仕方が増えるというのもメリットです。

妊娠中のむくみを少しでも早くそして楽に改善したいという場合はベルタ酵素を使ってみると期待以上の効果が発揮されるかもしれません。

(注目記事)妊娠中のむくみを素早く改善!ベルタ酵素の効果と購入体験記

関連記事

kosorankingbunner2