硬すぎて中々でてこない便もそれはそれで辛いところがありますし、そもそも便が出てこないといったような便秘症も辛いですが、逆にやわらかすぎる軟便が出る症状もかなり気になってしまいますよね。

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s

ただちょっと柔からかいかも・・・?と言ったくらいであればまだいいものの、その軟便に加えて残便感が長く残ってしまったり、腹痛もある場合はさすがに放っておくわけにはいかなくなってくるかと思います。

便秘等の場合は腸内環境が汚れていて悪化しているとか、悪玉菌が発生していると言われていますが、実を言うとこの軟便でも同様に悪玉菌が腸内に大発生している非常に良くない状況になっているんです。

軟便によって残便感が残る原因

便秘症の場合は長い期間便が腸内に溜まっているので、そこから腐敗した老廃物などの影響で悪玉菌が増えていくのですが、軟便の場合は便自体は腸内に長く滞在することはありません。

しかし、それでもその短い間に病原菌や大腸菌、ウェルシュ菌といった悪玉菌が発生するので、ある意味便秘症よりも手強くて深刻な症状でもあると言えます。

軟便となって一応外に排出されているのになぜいつまでも残便感がのこってしまうのかというところについては、軟便がでている腸内がすでに食べ物を消化しきれておらず消化不良になっているからです。

ストレスや加齢、栄養の偏りなどによって体内の消化酵素が足りない状態になっていると食事として摂取したタンパク質などがアミノ酸として吸収されずに未消化のままで腸に入りこんでしまいます。

未消化のまま腸に届いてしまったタンパク質は悪玉菌のエサとなってしまうので、腸内環境のバランスを大きく崩してしまう原因となるのです。

逆に消化酵素が足りている状態ならタンパク質もしっかり消化されてアミノ酸となって体内に吸収されていくので体を成長させて行ったり、お肌のコラーゲンを生成するための成分となっていくということです。

軟便でなぜ腹痛になるのか

軟便であっても腹痛はない場合もあれば、酷く腹痛に苦しまされるといった場合もあります。腹痛やそれに近いような腹部の不快感を同時に感じている場合は軟便というよりもお腹を下している下痢症に近い状態と言えます。

食べ物にあたってしまった場合や食中毒などを起こしているときであればまさにそれが原因であるということはすぐにわかるのですが、そうでなくとも腸内の免疫力が低下していると排便中や排便後などに痛みが続いてしまうことがあります。

もしもウィルスなどに感染していたり食中毒を起こしているなら迷わずにまずは病院に行ったほうが無難かと思います。
またそうではないのに慢性的な痛みを伴っている要な場合は整腸作用の高い乳酸菌や酵素などを積極的に体内に取り入れるようにしていくと効果的です。

食事に関してもなるべく胃腸に負担がかかるような香辛料が含まれる刺激物などは避けるようにしてお腹に優しい食べ物を食べたり、スープ類などを一緒に飲むようにしていくといいですね。

酵素が軟便による残便感や腹痛を改善する

酵素にはもともと体内にある潜在酵素である消化酵素と代謝酵素。そして発酵食品や果物、生野菜などから摂取できる食物酵素というものがあるということは有名ですが、これらを上手に活用して働かせていくことによって腸の働きを活性化させていくことができるようになります。

そもそも食べたものをしっかりと分解して吸収するために胃腸が働くのには酵素が必要不可欠です。
そんな酵素も最近が加齢だけでなく若くても食生活や日頃のストレス具合いなどによって体内から足りない状態になっているということはよくあります。

酵素といっても色々と種類があるのですが以下のようなものを聞いたことはありますでしょうか。

  • デンプンを分解するアミラーゼ
  • タンパク質を分解するペプシン
  • 栄養の吸収をサポートするマルターゼ
  • 栄養の吸収をサポートするフルクターぜ

最後に「○○ーゼ」といった語尾で終わるような酵素が多いというのも特徴てきですね。

こういった酵素を先ほども言ったような発酵食品や果物、生野菜から積極的にとるようにしていったり、面倒な過程を全てスキップさせるために酵素ドリンク飲むことで濃厚な酵素を一気に取り込むようにすることで消化能力をアップさせていくことができるようになります。

消化能力が上がれば当然消化不良が起こらなくなるので軟便の症状も自然に改善できますし、そこからきていた残便感や腹痛なども一緒の解消していくはずです。
もし軟便に関するお腹のトラブルに悩まされている場合はこちらの酵素ドリンクが特に効果的と言われています。

おすすめ記事

 

kosorankingbunner2