メタボの体型から痩せるにはどうすれば?という悩みをよく耳にします。
もともとそんなに太っている人でなくても間違った食生活や生活習慣を続けているといつの間にかウエストまわりが悲惨な事になっているということはよくあります。

メタボを改善して痩せるにはどうするのが一番効率的なのでしょうか。

メタボはそもそもどんな状態のことを言うの?

メタボリックシンドロームというのは内臓脂肪型肥満(内臓肥満または腹部肥満)に加えて高血糖、高血圧、脂質異常症の中から2つ以上が合わさっている状態のことを言います。

DB88_onakamawari15154229-thumb-1000xauto-15877 (1)

お腹がちょっと出ているだけでその他の症状が全くないという場合は実は厳密に言うとメタボではないということになっているんです。
とはいえ、その状態はメタボ予備軍と言われている状態になるのでいずれはその他の症状が現れる可能性が高い位置にいるということですので、どれか1つでも当てはまった段階で改善していくようにしたほうがいいですね。

メタボの具体的な診断基準

では具体的な数値としてはどのくらいの状態からメタボに当てはまってくるのか見ていきましょう。

まず内臓脂肪の蓄積ということでへそ周りのウエストサイズを測った時に男性は85センチ以上、女性は90センチ以上になるとお腹まわりはメタボ基準値を満たすということになります。

その他高血糖は空腹時の血糖値が110mg/dL以上、高血圧は最高時130mmHg、最低時85mmHg以上、脂質異常は中性脂肪が15mmg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL未満が基準値の数値ということになっています。
これらの数値は健康診断などをした時に実際に数値として残っているはずなので直近の診断書などがあればチェックしてみるといいかもしれないですね。

メタボを改善して痩せるには?

だいたいメタボがどういう状態なのかということについてはお話してきましたが、ではどうすれば気になるウエストもスッキリさせてメタボを改善できるのかということについてお話していきます。

見た目からして明らかに太っている皮下脂肪型の肥満だけでなく内蔵脂肪が溜まったかくれ肥満を解消していくということがメタボ改善には必須となるのですが、そのためには酵素不足の体を変えていくことが最も重要です。

見た目の問題だけではなくて生活習慣病のリスクが高まる内蔵脂肪を今すぐ減らしていくにはどうすればいいのか。

その答えは酵素が体の中に溢れた状態にしつつ、酵素を無駄に浪費しない生活習慣を身につけるということです。

ウエスト周りの悩みはもちろん、治療が難しいとされてきていた病気などについても酵素を意識的に体内に取り入れるようにしていくことで見違えるように元気になってきた人を私もたくさん見てきました。

酵素不足がいかにメタボを作り出す原因になっていたのか今ではハッキリとわかります。
そして酵素不足が続くと肥満になりやすいというだけでなく、それ以外にもお肌の問題や体の疲れに関する問題などいくつものトラブルが同時に襲ってくることもあります。

運動をしたり糖質制限をするといった方法も確かに有効ですが、それ以上に酵素意識的に摂取するということのほうより確実にそしてスムーズにメタボを改善して痩せるための近道となっています。

(注目記事)代謝アップでメタボ改善!酵素飲料を実際に飲んでみた
(関連記事)酵素不足が続くと現れる恐ろしい症状とは?

 

kosorankingbunner2