一時的に食欲がないというよりも慢性的に食欲がない状態が続いてしまう摂食障害でもある拒食症

拒食症は心の病気であるとも言われていますが、あまりそのような状態が続くようだと病的に体重が減ってしまったり、生理不順を起こしてしまうといった問題が起こってくる可能性があります。

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

拒食症は比較的若い女性に多くな見られる病気とされており、大体年代的には10〜20代くらいの女性が大半を占めているようです。

はじめに拒食症になってしまった原因となるのは人によって色々ときっかけが異なるとは思いますが、体型への強いコンプレックスを持っていてダイエットをしようとしていたらいつの間にか拒食症になってしまっていたというパターンが非常に多く見られるようです。

拒食症のままダイエットをするのはこんなに危険

あまりにもダイエット前の体型に対するコンプレックスが強かったり、敢えて食べない生活を送って痩せ始めてきたことを周囲から褒められてしまいそれに対して快感を覚えてずっと食べない生活をしているうちに拒食食になってしまったといった場合もあります。

既に拒食症になっているのにまだダイエットはしたい・・・ということで敢えてそのまま対策をせずに拒食症のままでいるという人もいるくらいですから危険な状態であるということにあまり実感がないのかもしれないですね。

健康的に痩せたいのであれば少なくとも拒食症は改善していかなければいけません。

拒食症が続いてしまうと少しでも口にしたものを外に出すためにいちいち下剤や利尿剤などを使わなければいけなくなるような体になってしまいますし、それができずに嘔吐などを繰り返してしまうという結果にもなりかねません。

そうするとこんなリスクもあります。

  • 抑うつ症になる
  • 無月経になる
  • 不整脈になる
  • 骨粗しょう症になる
  • 白血球の数が著しく減る
  • 味覚異常になる
  • 歯がボロボロになっていく

そのため食べられないなら食べられないなりに栄養は補給していく必要があります。

また現在拒食症気味であるにも関わらず、まだもっと痩せたいという場合は拒食食を改善して栄養補給しながらあくまでも健康的に痩せることができる酵素ドリンクを使って酵素ダイエットをされることをおすすめします。

酵素ドリンクで拒食症を緩やかに解消していく

放っておくと危険な拒食症ですが、まずは栄養失調やそれに伴うリスクを避けるために一刻も早く栄養不足を改善していかなければいけません。
また、痩せたいという気持ちもあるのであれば栄養を摂取しながらも代謝を促進するとい事を意識していく必要があります。

その際に最も効果的なのは酵素ドリンクを飲むということになります。

酵素ドリンクは少量でも野菜をバケツ1杯分食べたのと同等の栄養素が補給できたりするので拒食症で食べるのも辛いような時の栄養補給としても大きな役割を果たしてくれます。

DSC02508

飲む時はそのまま原液で30ml〜60mlくらいをグビッと飲むだけでも大丈夫ですし、水や炭酸水などに混ぜても美味しく飲むことができるようになっています。

酵素ドリンクを飲んでいると体内に酵素が行き渡って徐々に体の免疫力や自然治癒力が回復してきます。そうすると胃腸の調子も戻ってくるので拒食症などの症状に対しても改善してくる可能性があります。

またダイエットを続けたいという場合も酵素ドリンクを飲みながら代謝を高めていきながら酵素ダイエットにとりくめば健康的に痩せる事が可能となっているのも魅力です。

拒食症になってしまった大元の原因は精神的な部分にあったとしても、そのせいで体力や胃腸の調子が狂っているのは間違いありません。まずはそういったところを正常に戻していけば自然と体力も回復するので気持ちも穏やかになってくると思います。

拒食症に最も効果的な酵素ドリンクはこちらです。

関連記事

kosorankingbunner2