酵素ドリンクに水素パウダーを配合することで酵素と水素の効果をダブルに実感できる酵水素328選と、4週間で20人中19人がダイエットに成功したというダイエット効果に定評のあるベジライフ酵素液

この2つの酵素ドリンクでどっちにしようかな?と迷っている方も多いのではないかと思います。
どちらの酵素ドリンクに関しても知名度から人気までかなり高い部類の酵素ドリンクになっていますので、何か決定打となる違いが知りたいところですよね。

今回は私酵素プリンセスが酵水素328選とベジライフ液の成分や効果について詳しく比較していこうと思いますので、もし迷っている方がいらっしゃいましたら決め手のひとつとして参考にしていただければ嬉しく思います。

酵水素328選

体験談をみる

ベジライフ酵素液

体験談をみる

商品画像

DSC03492

DSC02557

容量(1本) 500ml 500ml
1日の使用目安 1杯(35ml) 1杯(20~40ml)
飲むタイミング 朝食置き換えがお勧め 朝食置き換えがお勧め
酵素の種類 86種類 80種類
主な効果 ダイエット、疲労回復、病気予防 ダイエット、便秘解消
味の特徴 黒糖(アサイーベリーもあり) 黒糖

主要な成分を比較!それぞれの成分の違いは?

ベジライフ酵素液の成分の特徴となるのはやはりこだわりのある90種類の野草・野菜・果物・海藻類を原料として作られている酵素を熟成発酵させて作られている植物発酵エキスですね。

自然の恵みがたっぷり詰まっている酵素ドリンクとなっており、添加物なしの本物の酵素が含まれています。

ちなみにその内訳としては訳は野草64種、果物10種、野菜9種、海藻類2種ということになっていますので、野草メインで作られている酵素ドリンクということになります。

純粋な正統派な酵素ドリンクになっているので選んでおいて間違いがない酵素になっているという印象が強いです。

DSC02560

それでは酵水素328選の成分はどのようなものとなっているのでしょうか。

酵水素328選の成分を見てみると野菜類・野草類・果実類・きのこ類・海藻類・殻類・糖類の全328種の厳選素材を酵母・麹・乳酸菌で発酵させて濃縮した発酵エキスということになっています。

完全に配合成分の種類の豊富さで勝負をかけてきたかのような圧倒的な原材料の種類となっていますね。
一般的に酵素ドリンクとしては100種類も原材料が使われているとなるとそれだけでもトップクラスの種類と言えるくらいなのに酵水素328選の場合は商品名にもある通り328種類ということになります。

もし酵素ドリンクの良し悪しが原材料の種類の多さで決まるのであれば間違いなく酵水素328選は一番良い酵素になるということですね。

ただ気になる所も実はあります。
ベジライフ酵素液に関しては完全に無添加で純粋な酵素のみが配合されているのですが、酵水素328選については保存料と添加物が含まれているというところですね。

これを見逃すか見逃さないかが一つの評価の分かれ目になってくるかもしれません。

酵水素328選のみに含まれる水素について

ベジライフ酵素液に関してはもう完全に酵素だけに注力して作られている酵素ドリンクになるので、それ以外の成分はとくにないのですが、酵水素328選には「水素」が含まれているというところが一番の注目ポイントです。

ダイエットや美容に関心が高い方なら聞いたことがあると思いますが、最近は酵素ダイエットに迫る勢いで人気がでている水素水ダイエットという方法が流行っていますよね。

通常の水素水はアルミパウチ容器に入っているミネラルウオーターに水素を充填しているというものが多くなっていますが、酵水素328選はひと味違っています。

酵水素328選の個別レビュー記事にも記載していますが、酵水素328選を購入した際についてくる水素パウダーを最初にビンの中に入れてよく混ぜてから冷やして飲むというものになっています。

DSC03489

普通の水素水の場合は一度フタを開けてしまうと、その後フタを閉めても水素が抜けていくので1回で1パック使い切らないといけないのですが、酵水素328選の場合はそういったことがないように液体に入れた状態で水素が抜けないように特殊加工がされているというわけです。

普通に14日~1カ月くらいかけて1本飲んだとしても最後まで水素の効果も実感できるという特徴があります。

水素の効果としては体の中にたまった悪玉活性酸素を除去してくれるというものになりますので、ダイエットだけでなくアンチエイジングや美容効果、病気の予防といった側面からも活躍してくれるものとなっています。

実際に酵水素328選とベジライフ酵素液をそれぞれ飲んで感じたこと

実際にそれぞれ飲んでみての違いについてなのですが、まず味に関してはこの2つは非常に似ています。
ビンがない状態で2つ並べて飲んだらどっちがどっちだかわからなくなると思います。

酵水素328選に関しては2種類の味があり、1つがアサイーベリー風味、もう1つが沖縄黒糖味になります。
そして私が飲んだのが沖縄黒糖味でした。

DSC03504

ベジライフ酵素液に関してはフルーティな黒糖味と言った感じになっているのでどちらも黒糖というところが共通しているからか似ています。

アサイーベリー味については飲んだことがないですが、実際飲んだ人の意見を聞くとちょっと濃いブルーベリー風味でさっぱりしているとのことです。

味や飲みやすさについてはかなり近いところがあるので、優劣をつけることはできないかと思います。
どちらも飲みにくいということはないので、普通に美味しく飲める酵素ドリンクとなっています。

ちなみにカロリーについては若干違いがあります。

酵水素328選については35mlあたり31.15kcalとなっており、ベジライフ酵素液に関しては35mlあたり24.85kcalとなっていますのでベジライフ酵素液の方が低カロリーにはなっているということですね。

そんな6kcalくらいどうってことないのでは?と思われるかもしれませんが、1回の使用で6kcal違いがでるということは1カ月で30日として30回使うと180kcalの違いということになってきますよね。

ちりも積もれば・・・ということでカロリーに関しても気にされるのであればベジライフ酵素液の方がよいのかもしれません。

酵素プリンセスの総合評価

今回は最近人気の水素を注入した酵水素328選と、かねてから人気の定番酵素ドリンクでもあるベジライフ酵素液を細かく比較してきました。

単品での税込価格としてはベジライフ酵素液が5,100円、酵水素328選が5,119円となっています。
どちらも酵素ドリンクとしては平均的な価格帯となっていますし、価格の差もほとんどないに等しいですね。

今回に限っては正直なかなか優劣をつけるのが難しいところもあります。実績ベースで言うと現時点ではベジライフ酵素液はすでに多くのダイエット成功者を出していますが、.酵水素328選についてはまだまだこれからといった印象を受けています。

ダイエット目的であればカロリーも低く、ダイエットの実績が既に多数でているベジライフ酵素液がいいでしょう。

新しいもの好きで水素の効果が気になるという場合や、水素によるアンチエイジング作用や病気の予防など特定の目的があって使うという場合は酵水素328選が良いかもしれません。

明確な優劣というものはなく、実際に飲んでみてどちらも正直言って優良な酵素ドリンクです。
自分の目的によってどちらを選ぶのか判断するのがよいかと思います。

button_040 button_039

 

kosorankingbunner2