これから酵素ドリンクを使ってダイエットをしてみようということで、どの酵素ドリンクを使おうか迷われることもあるかと思います。
実は酵素ドリンクには添加物が含まれているものと、添加物なしで完全無添加とされているものに分かれています。

DSC02610

何も考えずにとりあえず人気の酵素ドリンクだからということで信頼して買ってみると後から添加物が含まれている酵素ドリンクだったということを知って不安になってしまったという方もたくさんいらっしゃいます。

添加物が含まれているタイプの酵素ドリンクは基本的にとても甘くて美味しいので飲みやすいという特徴があります。
しかし添加物が入っているということは少なからず野菜や野草などから抽出されている酵素がその添加物によって薄まっているということになります。

そうすると添加物なしの酵素ドリンクと比べると効果も弱まってしまうのではないかといった懸念点や、何か添加物が入っていることによる危険性やデメリットがあるのではないかといった不安もでてくますよね。

実際のところどうなのか、酵素プリンセスの見解についてお伝えしていこうと思います。

添加物なしの酵素ドリンクの方が安全性は高い

酵素ダイエットをするのであれば、添加物なしの酵素を選んでいただいた方が間違いなく安全性は高いので安心してダイエットに取り組めるかと思います。
ただし、添加物が入っているとしても理由があって成分の1つとして入れている場合もありますのでその場合は添加物が入っていても問題はありません。

というのも添加物を酵素ドリンクに入れる理由としては以下のような2パターンが考えられます。

  • コストを抑えるために酵素を添加物で薄める
  • 添加物にメリットとなる効果があるから含めている

前者の場合は使う側からするとデメリットしかありませんので、基本的には使わない方がいいかと思います。
ただし、後者の場合は便秘を改善したり腸内環境を整える効果がある添加物などもありますので敢えて含めているということになりますのでデメリットはありません。

例えば、イソマルオリゴ等やエリスリトールなどといったもおのは甘味料代わりに使われることもある添加物ですが、便秘などを改善させる効果があるとされているものですので安心して摂取してもいい添加物ということになります。

当サイトにて掲載している酵素ドリンクには添加物が含まれているものと、無添加のものがありますが危険性のある添加物が含まれているものは掲載しておりませんのでその点は安心していただいて大丈夫です。

無添加の酵素ドリンク

 

添加物あり(安全生は問題なし)

それぞれ実際に使用したうえでの効果や所感についてレビュー記事としてまとめてありますので、ご覧になってみてください。

 

kosorankingbunner2