ファスティングなどの酵素ダイエットでは体の免疫力をアップさせることで様々な病気に対向するための力を上げていきながら自然治癒力を高めることが可能となります。

実は昔の人の生活の中では風邪を引いてしまった時には食事をたくさん食べたりセずに、一日断食を行ったり、消化に負担のかからないようなものしか食べないといった習慣がありました。その方が風邪ウィルスを早く体の中から排出することができるからです。

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s

そう考えると確かに現在でも風邪を引いた時にはリンゴをすりおろしたものやお粥などを食べる習慣は残っていますよね。

酵素ファスティングを行うのはその習慣を発展させたようなものですので、更にスムーズに風邪の対策をすることも可能になるということになります。

風邪を引いた時の対策として行ってもいいのですが、定期的に普段から酵素ファスティングを行っていればそれだけ免疫力が安定して高い状態を維持することができるのでそもそも風邪を引きにくい体質になることができます。

酵素が免疫力アップにつながる理由

それではどのような理由で酵素が免疫力アップにつながるのかというところなのですが、それは代謝や血行が良くなることが免疫力に直接的に関係していることが考えられます。

酵素ダイエットとしてファスティングを行うことによって、リンパ球の免疫活性が向上したり、白血球の量が多くなるということについても既に確認がとれています。

アスリートも免疫アップのために酵素ファスティングを行っている

最近は各界のアスリートの間でもスタミナをつけつつ免疫力をアップさせていざ本番を迎えた時にベストなコンデイションで競技を行うために酵素ファスティングを行っている人が増えています。

8ae00d5528d30074afc0f50828d5fc74_s

意外に思われるかもしれませんが、確かにアスリートでぶくぶく太っている人はどこにもいないですよね。

スタミナをつけるためにしっかり食事はとっていながらも太らないのは運動量が多いのはもちろん、代謝が高い状態を維持できているので脂肪をそのままエネルギーとして消費することができるからです。

アスリートではない一般の方だとしても同様に代謝を上げつつ免疫力を上げていくことで体調を崩しにくく太りにくい体質へと変えていくことが可能になってきます。

kosorankingbunner2