酵素ドリンクを飲みながら酵素ダイエットに取り組んでいる方は最近ではどんどん増えてきていますが、特定の病気や体調不良によって医者から処方された抗生物質や抗生剤などを同時に飲まなければならない状況になってしまうことも稀にあると思います。

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

そうすると気になるのは酵素ドリンクと抗生物質(抗生剤)の相性に問題はないのかというところではないでしょうか。

酵素ドリンクも決して安い買い物ではないのでもし抗生物質(抗生剤)などと併用してしまったことが原因で酵素の効果が薄れてしまったり何か副作用のようなものが併発されてしまっては健康のために酵素ドリンクを使っていても意味がなくなってしまいますよね。

  • 抗生物質を飲みながら酵素ドリンクを飲んでも酵素の効果が落ちないか
  • 逆に抗生物質の作用が弱まらないか
  • 併用しながら飲んでも悪影響はないか

今回はこれらのポイントについて解説していこうと思います。

酵素ドリンクと抗生物質(抗生剤)の相性は実際のところどうなのか

全ての酵素ドリンクに共通して言えるというわけではないですが、通常は酵素ドリンクと抗生物質(抗生剤)はお互いに干渉しあうようなことは特にないものとなっていますので心配は無用かと思います。

抗生物質というものは体の中に潜む細菌を除去するための薬品です。酵素については細菌ではありませんし、生きている生物というわけでもありませんので抗生物質によって酵素が除去されてしまうようなこともありません。

もちろんその逆もしかりで、酵素ドリンクを先に飲んでおいて体内に酵素がある状態で抗生物質を服用したとしても抗生物質の作用が弱まってしまうようなこともありません。

とくに酵素と抗生物質は交わって干渉するものではないので、服用にあたってタイミングを敢えてずらしたりだとか抗生物質を飲んでいる期間中は酵素ドリンクは控えるといったような対処は不要となります。

今回のまとめ

今回は酵素ドリンクと抗生物質(抗生剤)の相性や併用しても問題ないかといった点について解説してきましたが、一言でまとめると併用しても全く問題ないということになります。

ただ注意点が一つあります。

抗生物質を飲まなければならない状況ということは恐らく体の免疫力が低下しているということが予想されます。

そのため酵素ダイエット中といっても極力酵素断食は行わずに、栄養のサポートとして酵素ドリンクを飲むようにしていくことをおすすめします。

体力や免疫力が低下している時に下手に食事量を大幅に減らして置き換えなどをすると抗生物質を摂っていても症状の改善が遅くなってしまう可能性がありますのでその点注意して、抗生物質が不要になるまでは食べ過ぎない程度に栄養価のある食事は摂るようにした方が良いかと思います。

抗生物質との相性も問題なし!こだわり成分のオススメ酵素ドリンクはこちらです。

関連記事

 

kosorankingbunner2