これから酵素ドリンクを使ってはじめての酵素ファスティングをやってみよう!という方にとって気になるのはそのダイエット効果もさながら酵素ファスティングを行うことによって何か副作用などは起きないかといったところではないでしょうか。

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s

何事もはじめてのことは不安と期待が交差するところではありますので、副作用の危険性などについて不安が出てくるのもうなずけます。

実際のところ酵素ファスティングを行うことが原因となって副作用ともとれるような症状が起こる可能性はあるのでしょうか。

基本的に酵素ファスティングで副作用が起きる心配はない

まず普通に酵素がしっかりと含まれていて、本来不要な添加物や着色料などで加工処理などがされていない酵素ドリンクを使うということを前提とすれば酵素ファスティングで副作用が起こる心配は不要です。

もともと酵素ドリンクの成分として含まれているものは以下のようなものとなっています。

  • 野菜や果物を発酵させた植物発酵エキス
  • ビタミン各種
  • 野草や海藻類から摂れる熟成された酵素

これらの成分から副作用が起こりうる可能性はゼロといってもいいレベルですので選ぶ酵素ドリンクさえ間違わなければ特段問題はないかと思います。

副作用がでるかもしれない酵素ドリンクはある?

商品名はここでは挙げませんが、副作用が出てしまう可能性がある酵素ドリンクに共通している特徴についてお話していきます。
危険性が少しでもある酵素ドリンクなのか見極めるためにまず最初に見ていかなければいけないのは添加物が含まれているかどうかというところです。

この添加物にも無害なものもあれば有害なものもありますし、中には入っていることによって逆にプラスアルファの健康効果が期待できるものまで様々です。

ただし、不安がある場合は最初から添加物が含まれていない酵素ドリンクを選んでおけば添加物による副作用がでてくる可能性をゼロにすることができます。

ちなみに当サイトで私が実際に使用してレビューしている酵素ドリンクの中には添加物が含まれているものと、含まれていないものがあります。
添加物が含まれているものについてはここでいうところの「プラスアルファの健康効果が期待できる添加物」に該当するものとなっています。

添加物が含まれているもの

添加物が含まれていないもの

※商品名をクリックするとそれぞれ私のレビュー記事をご覧いただけます。

上記に紹介した酵素についてはどれも副作用の心配はないものになりますが、ここに載っていないもので添加物が含まれているものについてはその添加物の成分を確認して安全性などの確認が取れてから使用するようにしたほうがいいですね。

また、とくに酵素ドリンクの価格帯としては最安でも1本3,000円代で、平均して5~6,000円ぐらいものが相場となっています。

DSC02872

金額的には大きいと思われるかもしれませんが、1本作るのに1年以上の歳月をかけて発酵や加工をされているものとなりますのでコストがかかってしまうのは致し方ないことです。

そんな中で、この相場よりも目を引くくらいに安すぎる価格設定となっているものがディスカウント系ストアなどに置いてあった場合は要注意です。
製造するまでの期間やコストをカットしているのはもちろん、容赦なく添加物で酵素を薄めているからこそ安すぎる価格にできているはずですので、危険性がある可能性もあります。

酵素ファスティングを行うことによるリスクについて

ここからは副作用とはまた少し違った話になるのですが、とくにファスティングはまだしたことがない方にとっては重要な話となります。
まず酵素ファスティングを行うということは体内に含まれている老廃物や毒素を排出して一度デトックス効果による体内リセットをかけるということでもあります。

その際には副作用ではありませんが、好転反応と呼ばれている下記のような症状が一時的に出てくる可能性はあります。

  • 頭痛
  • 便秘
  • 下痢
  • ふらつき
  • だるさ
  • 眠気

この症状が出てくる度合についてはこれまでの生活習慣や食生活などが乱れていた人ほど体内毒素レベルが高いために症状も大きくなるとされています。

しかし、その症状についてはあくまでも毒素や老廃物が抜ける際に一時的にでているだけのものですので、あまり(長い間引きづるようなことはありません。

むしろ好転反応が起きないということはデトックス効果が出ていないということでもありますので、その方が問題です。
初めて好転反応が出てしまったときは一時的に驚いてしまうかもしれませんが、その他の快適さと健康効果のためにその一瞬だけは我慢するようにしていきましょう。

ただあまりにも症状が酷い場合や、長引いてしまっているという場合は飲む量を減らして好転反応を緩和させるという方法もあります。
必ず出てくるというものではありませんが、誰でも起こりうる症状ですので慌てずに対処していきながら健康効果を実感してみて下さい。

kosorankingbunner2