酵素ドリンクにはダイエットのみならずデトックス効果や、美容効果などいくつもの健康促進効果があります。それでは酵素ドリンクにはアトピー性皮膚炎についても改善させる効果があるのかということについても気になる方はいるのではないでしょうか。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

実は私もアトピー性皮膚炎持ちでしたので、皮膚科に通ったりして塗り薬や飲み薬をもらっても中々治らずに苦労していました。

私がアトピーにとくに苦しんでいたのは主に小学校の時から高校生の時くらいまででしたが、本当に体中がかゆくていつも我慢できずに掻いてしまっていました。

皮膚がボロボロ落ちるし、赤くなるし、ジュクジュクに荒れしで悩みの種でした。

もちろんその頃には酵素ドリンク自体が出回っていませんでしたので、皮膚科に通うくらいしかできることがなかったので仕方なかったと言えばそれまでですが、もし酵素ドリンクでアトピーが改善できるのであれば本当に時代の進歩を感じてしまいます。

では実際のところ酵素ドリンクを飲むことによってアトピー性皮膚炎を改善させる効果があるのかどうかということについて解説していきます。

アトピー性皮膚炎の原因から考える

まずアトピー性皮膚炎になってしまう原因について先に考察していきましょう。そもそもどうしてアトピー性皮膚炎になってしまうのかというと、遺伝の他に考えられる要因としては以下のようなものがあります。

  • アレルゲン(ダニやハウスダスト)
  • ストレスによる免疫力の低下
  • 野菜不足&ビタミン不足
  • 炭水化物や脂質が多い

主な原因としてはこのようなことがあります。

アトピー持ちの方はこれくらい知っているという人も多いと思います。しかし、わかっていながら中々これらの問題を改善できないからアトピーを治すのは難しいんですよね。

酵素ドリンクを飲めば住宅環境の要因以外は解消させられる

酵素ドリンクにはご存知の通り大量の生野菜を発酵させることで日本人の食卓事情では体内に不足しがちと言われる酵素を効率よく摂取することができるようになります。

そうすることで、上記に挙げたアトピー性皮膚炎の原因とされる野菜不足とビタミン不足については真っ先に解消することができるようになります。

そして次に日々溜まるストレスによって腸内の免疫力が落ちているという問題もありますが、それについても酵素ドリンクを飲むことで改善することが可能となってきます。

酵素食品は胃腸に優しいので気づかない間に落ちていることが多いとされる胃腸の免疫力を酵素の力によって底上げすることができるようになります。腸の働きが活性化すると体全体が元気になるとともにアトピー性皮膚炎に関しても改善させる働きがあります。

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

続いて炭水化物や脂質が多いという点については、単純に酵素ドリンクを飲むだけではなく、1食だけ置き換えるプチファスティングを行うことによって大幅に改善することができます。

朝か夜の食事を酵素ドリンクに置き換えることができれば、それだけで炭水化物と脂質の摂取量を大きくカットできますし、カロリーも控えられるのでダイエット効果もあります。

このように酵素ドリンクを飲むことによってハウスダストなどの住宅要因を除けばほぼすべてのアトピーになる原因を取り除くことが可能となります。実際のところ住宅環境の要因は免疫力さえあげてしまえばそこまで気にしなくても解消出来てしまうことがほとんどですのであまり神経質にならなくてもいいかと思います。

アトピー性皮膚炎を酵素ドリンクで改善させるときの注意ポイント

ここまで解説してきた内容からも酵素ドリンクにはアトピー性皮膚炎を改善させる効果が期待できるということが言えますが、注意しなければいけない点があります。

それは添加物が入っていない酵素ドリンクを選ぶというところです。

実は一般的に市販されている酵素ドリンクはそのほとんどが添加物が入っているものであったり、混ぜもので内容量を誤魔化しているものになっています。

酷い場合は肝心の酵素自体がほとんど入っていないものすらあるようです。

もちろんそういった酵素ドリンクを選んでしまっては改善できるはずのアトピーも改善できなくなってしまいます。

私が愛用している中でも添加物が入っていない酵素として特に高く評価しているのは優光泉という酵素ドリンクになります。

優光泉の酵素ドリンクであれば紛れもない完全無添加であるとともに、混ぜもの一切なしの100%酵素になっていますので、アトピー性皮膚炎にも高い効果があります。もし酵素ドリンクでアトピー性皮膚炎を改善させたいと考えているのであれば優光泉を選んでおけばまず間違いはないでしょう。

kosorankingbunner2