化粧をしてもなぜかいつもムラだらけになってしまったり、顔のむくみによって化粧のりが悪い状態で悩むことはないでしょうか。もしそういったことで悩んでいるのであればいくつが考えられる原因があります。

ff272b4ac745a25414419db7a0ec6870_s

油物の多い食事に気をつけているのになぜ化粧のりがいつまでたっても良くならないのか悩みどころですよね。家にいながらできる小さなことでもそうった状態は改善していくことができます。

まずは原因からみていきましょう。

化粧のノリが悪くムラが多くなる原因

1.肌の油分が多すぎる

肌の油分が多すぎる状態だとファンデーションをつけたりしても部分的に剥げた状態になってしまうことが多くなるので全体的にムラがでやすいくなります。

そうすると毛穴の周りを中心としてファンデーションだけが悪目立ちしてしまうことが多くなるので遠目で見てもムラだらけのように感じてしまうことが多くなってしまいます。

この際はその場ですぐに対処する方法としてなるべく液がゆるいタイプのコンシーラーを使いながらファンデーションの代わりにして使っていきます。
すでに剥げてしまった場所については直接塗っていきながらフェイスパウダーを使ってはたくことで目立たなくしていきましょう。

またもう一つの応急処置としてはお直しジェルを使ってメイクをした上からなじませるようにしていくことでムラはある程度解消させることが可能ですよ。

2.肌の水分量が不足している

化粧ののりが悪くなりやすい原因として一番大きなものは肌の水分が不足しているということが考えられます。

子どもに比べて大人は年をとるごとに肌の水分量がどんどんと減少していくということを知っていますでしょうか。

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s
子どもが化粧をして化粧のりが悪いと嘆くことはありませんよね。それはお肌の水分量がたっぷりとあるからにほかなりません。

また、水分量が不足すると同時に肌が乾燥してくると次第にカサカサとした肌質になることがあるので今度は皮脂量が余計に分泌されて水分がこれ以上は蒸発してしまわないようにカバーしようとします。

結局のところそれが原因となって化粧のノリが悪化したり化粧崩れがおきやすくなるということにつながってきます。

3.洗顔でゴシゴシと洗いすぎている

これも10代の若いころであれば洗顔するさいにごしごしとしっかり顔を洗ったりしてニキビの対策などをしていても問題はなかったのかもしれません。

しかし少なくとも25歳以上になってもこの洗い方をしていると間違いなく乾燥肌へと一直線でつながっていってしまいます。

顔の洗い方はなるべくゆっくり刺激をあたえないようにするのがポイントとなってきます。

酵素のチカラで肌にみずみずしさを取り戻す

肌の水分が不足したり乾燥肌となってカサカサとした肌になってしまう原因は年齢だけの問題ではありません。
普段の食生活などによって酵素が体内に不足しているということも大きな原因のひとつとして考えられます。

DSC02878

酵素ドリンクを1日1杯でも飲むようにしていくと体内酵素の不足を防ぐことができるので化粧ノリやムラができるといった美容トラブルを根本から解消して肌質を良くすることができます。