最近なぜだか肩こりや腰痛が酷くて困っている・・・ということはありませんか?
季節的には秋ごろになってくると肩こりや腰痛にかかわってくる悩みが増えてくると言われています。

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

そんな肩こりや腰痛に酵素が効くと言われています。
しかし酵素が肩こりなどに関係あると言われてもなぜ効くのかよくわからないという方が多いと思います。

今回は肩こりや腰痛に酵素がなぜ効くのか解説していこうと思います。

肩こりや腰痛の原因は意外なところにある

肩こりになってしまうのは大体デスクワークであったり、目を酷使するようなことが多いということが原因として考えられていると思います。

しかし実際のところはそれだけではなく昼間の時間帯と朝夕の時間帯の気温差が激しいということにも大きな原因があります。

とくに秋は季節的に朝と夕方移行は冷え込むことが多くなってくるのに、昼間は暑いといったような形で気温差が激しいという面もあります。

実はこのような気温差が肩や腰に対して大きな刺激となって神経痛などとなって症状が現れてくるようになることがあります。

気温の変化は体に大きなストレスとなっている

季節の変わり目などに体がだるくなってきたり、今回のような肩や腰の痛みが増えてくるのは気温の変化によって筋肉に負担がかかってきて筋肉が硬直してしまったり、血管や末梢神経が圧迫されるというところにも原因があります。

血管が圧迫されてくると今度は血液の流れが悪くなってくるので酸素や栄養素がしっかりと運ばれなくなってきたり、疲労物質が体内に蓄積しやすくなってくるという問題点もでてきます。

それだけ秋になってくると1日の中の気温の変化の差と、夏の間に連続した猛暑日によって体のあちこちに負荷がかかっていたということでもあります。

肩こりや腰痛の対策として酵素が効果的なのはなぜ?

それでは今度はなぜダイエットや美容などに使われていることが多い酵素が今回のような肩こりや腰痛などに効果が高いとされているのか見ていきましょう。

肩こりや腰痛をいち早く解消させるためには代謝機能を促進することです。代謝と言えば筋肉量を増やさなければいけないのでは?とイメージされる方も多いと思いますが、実際のところ筋肉量が代謝に与える影響というのは全体の2割程度となっています。

では残りの8割の代謝は何が影響しているのかというところなのですが、その答えは内臓機能となっています。
内臓機能が低下している身体は冷えやすくなり、血管は収縮してしまい、ガチガチに身体は硬くなっていきます。

そうすると体内の酵素の働きが鈍くなってしまうので代謝は悪くなり、身体の中には疲労物質や老廃物が溜まり放題な状況となってしまいます。

この状況を打破できるのが酵素ドリンクとなっています。

酵素ドリンクにはデトックス作用があるということは有名ですが、その作用のおかげで体の中にたまってしまった老廃物や疲労物質を最初の段階で体の外へと排出することができるようになっていきます。

さらに継続して飲むようにしていくことによって血液がサラサラな状態になっていくので内臓機能からの代謝がアップしていくので血行も促進されていくようになります。

血液の流れがよくなると肩や腰にも健康的で綺麗な血液がしっかりと行き渡るようになるので比較的早い段階で肩こりや腰痛が解消できるようになります。

意外かもしれませんが、酵素がどのようにして肩こりや腰痛に効くのかイメージできましたでしょうか。
悩みが悪化してしまう前に酵素を取り入れてみるのもいいですね。

肩こりや腰痛にも効く!完全無添加の酵素ドリンクとは?

関連記事

kosorankingbunner2