何をやっても体がだるい。寝ても寝ても体が重い。そんな悩みを抱えていませんか?
この体のだるさと重さがあると、家にいても何もやる気が起きないですし、外にでるとすぐに疲れて動きたくなくなってしまいますよね。

体がだるくて重いと体を動かさなくなります。
そして運動量が減るから消費エネルギーも減少して肥満へ・・・そんな悪循環へと変わっていくのが手に取るようにわかります。

なぜ体がだるい状態になるのか。そして体が鉛のように重いのはなぜなのか。その原因解消するために役立つポイントをいくつかお話していこうと思います。

体が重くて疲れが取れないのは基礎代謝の低下が最大の原因

この体が重いというような倦怠感が続く原因となるのは基礎代謝が低下しているというところが大きいです。

基礎代謝と言うと寝ている間に消費するエネルギーのことでもありますのでダイエットに関係性が高い言葉という認識で広く親しまれていると思いますが、実は基礎代謝が低いと体のだるさや疲れなどといった倦怠感にも密接な関わりがあると言われています。

05815a0be109619694cc37dc07db528d_s

基礎代謝はただカロリーを消費するというだけではなく、呼吸や体温調整などといったような生命活動を維持するために消費するエネルギー全般のことを指しています。年代としては10代後半がピークで、それ以降は下降の一途をたどるような流れになっており、40代を過ぎると急激に落ち込んでいきます。

これについては加齢によって筋肉が衰えたということが原因で、基礎代謝が低くなる同時に体内には脂肪が蓄積してしまいやすくなってくるので非常に肥満になりやすい状態であるということが言えます。

基礎代謝の低下によって疲労感が増加してなかなか体が重い状態から抜け出せなくなるのは体を動かすことで血中酸素が不足して、それを補うために心肺機能がフル稼働してしまうので常に疲労が増加してしまうということが理由になっています。

基礎代謝をアップさせることで体のだるさや重さを解消できる

体がだるいと感じた時には今までどのように対処していましたでしょうか。私は昔そういった時はカフェインがたくさん入った栄養ドリンクやエナジードリンクを好き放題飲んだりしていました。

確かにそれだとその瞬間は疲労感がなくなったように感じるのである意味爽快感はあります。しかし、実はそれはたまった疲労をなくしているのではなく一時的に麻痺させて感じないようにしているだけですので、効果が切れた時にグッとその疲れが押し寄せてきます。

ようは元気の前借りみたいなイメージですね。

今は原因が基礎代謝の低下であるということに気づいているので毎日酵素ドリンクを飲みながら基礎代謝が低下しないように維持するようにしています。

DSC02878
酵素ドリンクには代謝を行う際に必要な代謝酵素もたっぷり含まれているだけでなく、体内で酵素を作り出すチカラも取り戻すことができるようになります。

結果として酵素ドリンクを飲みながら効率的に代謝を促進することで疲労感の溜まりにくい体質へと改善していくことが可能となります。