ちょっと肩を動かしただけでも痛みを感じたり、何も動かしてないのに肩が痛いといったような関節や肩に来る辛い痛みが走る五十肩に悩まされている人も少なくないと思います。

67a1100cd2bbd705444382bafa1dc5aa_s

ちょっと寝違えたのかな?と思ったらいつまでもその肩の異変が治まらなくなったという場合も五十肩である可能性があります。
下手をすると肩が痛くて腕も上げられなくなってしまい、生活にもいろいろと支障が出てきたりすることもあります。

一度五十肩になってしまうと服を脱いだり着たりといった着脱すら嫌気がさしてしまうくらい痛いですし、ちょっと背中がかゆいからかこうと思っても背中に手が回せないなど歯がゆい思いをすることもあります。

とくに最近の日本人は30代くらいの比較的まだ若い方でも五十肩になってしまうケースが増えてきており、いまでは国民病の一つともいわれていますね。

  • 五十肩にすでになっている
  • 五十肩になりつつあると感じている
  • 体の節々に痛みを感じる
  • 関節痛がときどきある

このような症状がある場合は酵素不足のひとつのサインであると考えられます。

食生活の乱れが引き起こす酵素不足と五十肩の関係性とは

もともと日本食は栄養バランスが整っているので健康にもいいですし、肩こりや五十肩などになりにくいと言われています。
しかし、最近の日本人の食生活を見てみると日本食を食べる機会はめっきり減っていませんか?

お寿司や天ぷらや蕎麦は食べてるよ!という方も多いと思いますが、それらは日本食ではあっても日本食のメリットであるビタミンB1やビタミンE、酵素などが補えるものではありません。

洋食やファストフード類はもちろん、健康にはよくないものが多いですし、十分な栄養素を補うことができないケースがほとんどです。

056313417f3cedbfae5286319977154e_s

毎食生野菜を必ず食べて、温かいスープを飲み、発酵食品もメニューに加えているというくらいに健康的な食生活をしている人も少ないと思います。

確かにそこまで健康にばかり囚われた食生活をしていると食べることに楽しみがなくなってストレスにもなってしまうのである意味仕方ない部分でもあるかと思います。

しかしそのような食生活によって体内に酵素が足りていない状態となってしまうと、まず血流が悪くなることから血液がドロドロとした状態になっていきます。

実はこの酵素不足によって血液の状態が悪化していくことが体のあちこちに痛みを感じてしまう大きな原因となっています。

なぜ血液ドロドロが五十肩などの痛みにつながる?

まず全身を行き来する血液の状態が悪くなるということは、筋や関節に行き渡るはずの血液の流れが滞ってしまうということにつながります。

1f36f2d5a4fc071bb9e153e856e330fa_s

もちろん一時的に血液が行き渡らなくなるだけで、すぐに元に戻るのであれば問題はありませんが、常に血液がドロドロの状態になってしまうとそれは危険な状態と言えます。

まず動脈硬化などといったような病気につながるという危険性があるというところもありますが、今回のように五十肩や慢性的な腰痛、冷え性などといったように複数の体の不調が同時に起こってくる可能性があるからです。

血液ドロドロが原因で身体が歪んでしまうという話もでているくらいですので、適切な方法で血液の状態をキレイにしていく必要があります。

足りない酵素を補うい酵素を無駄遣いしない生活習慣を身につけることが大切

まずは五十肩の大元の原因と考えられる酵素不足を改善するために酵素を積極的に摂取するようにして、体内に酵素があふれる状態を保つということは五十肩の対策だけでなく体の節々の痛みや取れない疲労感などの解消に役立ちます。

酵素を摂取するとということは体内の消化酵素や代謝酵素が増えていくということですので、血液の状態もサラサラで良好な状態へと戻っていくので血流が改善されていきます。

DSC02872

そうすると動脈硬化や心筋梗塞といったような重大な病気の予防にもなりますし、五十肩の予防や対策にもなるので体には嬉しい事づくめです。
また生活習慣の中で酵素を無駄遣いしてしまわないように以下のようなところにも気をつけてみるといいですね。

  • 運動量が極端に不足していないか
  • タバコの本数は多すぎないか
  • アルコール摂取機会は多くないか
  • 肉料理や揚げ物は食べ過ぎていないか

こういったところには最低限意識していくようにするとせっかく摂取した酵素を無駄に消費してしまうことがなくなるので、よりスムーズに症状を改善したり予防することにつながります。