頻繁にゲップがでたりするとか、ゲップから変なニオイがするといったようにゲップに関する異常を感じととっているとそれと同時にお腹が張ることがあるかと思います。

1da63c339f30df64aad9c75f46c63f17_s

ゲップが自分の意思に反して出てしまうこと自体が不快なことですが、それよりもお腹が張る状態になってしまうことはさらにつらいところがあると思います。

お腹が張るということは、こんな悩みも一緒にでてきてしまいます。

  • 服やズボンがパンパンで入らなくなる
  • 体重を測るとそんなに増えていないのに腹回りが太くなる
  • 周囲からお腹を見られている気がして恥ずかしい

これらの悩みはどれもお腹が張ると実際に感じることが多いことですし、お腹の張りを解消することができるまでは避けて通れないところでもあります。

そもそもゲップとお腹の張りに何の関係があるの?

ゲップとお腹の張りは一見すると何の関係もなさそうですし、お腹が張っているのは食べ過ぎとか単純に肥満になってしまったと自分で理解してしまうこともあると思います。

実際に単純に肥満化してしまったということも確かにあるとは思いますが、ゲップに異常があり、体重も大きく変わっていない場合はそうれはなく腸内にガスが溜まっていることによって腹部膨満感の症状が出てしまっているということになります。

特にゲップが頻繁にでるのであれば腸管にガスが蓄積しているケースがほとんどです。
ガスが溜まってしまってゲップが出るのは以下のような症状がもともとの原因となっていると考えられます。

  • 便秘症
  • 呑気症
  • 慢性胃炎
  • 消化不良

これらはどれも日常的にアルコールを飲んでいたり、タンパク質を余分に摂り過ぎたり、ストレスが異常に溜まるような生活を送っていたりというように毎日の生活習慣の乱れによって起こってくる症状でもあります。

どれも物理的にお腹の中にガスが溜まるんので、そのガスによって腸内が圧迫されてしまうことでお腹が張るということになります。
そして溜まっているガスが限界までくると口から勝手にゲップが出てしまったり、急に肛門付近からオナラが頻発することも多くなってきます。

ゲップとお腹の張りを同時に解消するためにできること

もし自分の生活習慣に上記で紹介したような乱れがあるかも・・・と感じ取ることが出来たものがあればまずはそれを1つずつでもいいので改善していくようにして下さい。

基本的に規則正しい生活を送りながら、食べ過ぎや飲み過ぎにはよく注意すること。
そして食べるときは早食いしないでゆっくりとよく噛んで食べ、食べたあとはしばらく安静にして過ごすこと。
ガスが溜まりやすいとされている豆類、イモ類、乳製品、繊維質などが含まれる食材はなるべく控えめにすること。

最低限これくらいは意識したほうがいいですね。
その上で消化能力の低下やガスを溜めやすい体質を作ってしまっている原因となる酵素不足を改善するために積極的に酵素を摂取するようにするのが理想的です。

DSC02522

酵素を補いながら健康的な生活習慣を意識すれば、ゲップやお腹の張りなどの異常な症状は早ければ数日、遅くとも1週間もあれば実感できるレベルで改善させることができるはずです。

kosorankingbunner2