ゲップが出ると何だかスッキリした気分になれるのに、なぜかゲップが出ないままで胃の辺りが圧迫された感覚になって胃が痛いという症状になったことはないでしょうか。

1da63c339f30df64aad9c75f46c63f17_s

この症状になる事自体が結構稀なことなので、自分でも何が悪いのかといったところが全く見えてこないのがなかなかつらいところでもありますよね。

ゲップが頻発したりするのも問題ですが、逆にゲップがでなさすぎるために胃に痛みや圧迫感を感じてしまうのはなぜなのか。
考えられる原因と、どうやって解消していけばいいのかといった点についてお話していきます。

ゲップが出ない原因・・・それは過敏性腸症候群という病気の可能性も

ゲップがでるということはお腹の中のガスが出てている証拠となっています。ガスが溜まりやすい体質だったりすると、お腹のガスが溜まりすぎないようにするためにゲップやおならとして出てくるのが通常です。

しかし、ゲップが出ないとなるとガスを出すための手段がオナラしかなくなってしまいます。
そうすると腸内のガスの量に対して外に出すための手段が一つなくなるわけですから、お腹にガスが溜まりすぎてしまったり空気の移動でお腹が異常に鳴ったり、痛みが伴う状態にななることもあります。

実はこの症状は過敏性腸症候群と呼ばれている腸の病気であるという可能性がある一つのサインと考えられます。

ゲップが出ない時の対処法・・・酵素断食で症状を改善させよう

実は今回のようにゲップがでないとか、胃が痛いといったような症状がでており過敏性腸症候群の可能性もあるようなときは酵素断食をしてみることで症状がピッタリ収まる場合があります。

ついでにダイエットもしたい!という方は全ての食事で固形物を食べずに酵素ドリンクだけに置き換えるファスティングも効果的ですが、ゲップや胃の圧迫感などの症状のみをピンポイントで治していきたいという場合はそこまでする必要はありません。
いわゆる1食だけを酵素に置き換えるプチファスティングを行うだけで大丈夫です。

「そんな簡単なことで今までの悩みのタネがなくなるの?」

と思ってしまうかもしれませんが、実際それだけで治ってしまうんです。
酵素断食を行う際には食事をある程度制限しなければいけませんし、やり方にコツがあります。

まず気にしなければいけないことを箇条書きでまとめますね。

  • 断食中は水分をとにかく多めに摂る(ミネラルウォーターやお茶など)
  • 酵素以外の食事を摂るときは野菜スープやおかゆ、おじやなの消化にいいものにする
  • 肉料理は断食中は控えて野菜を多めにする

ざっとこれくらいです。
完全に食べてはいけないというわけではないので、このプチ断食であればそこまで負担なく取り組めるのではないでしょうか。

>>ファスティングの詳しいやり方はこちら

なぜ酵素断食がゲップがでない症状や過敏性腸症候群に効くのか

断食がいいよ!と言われてもなぜ良いのかというところが見えてこないと実行に移すまでに至らずに諦めてしまうこともあるかと思います。
酵素断食には以下のような効果があります。

  • 働き詰めだった胃を休めて回復させられる
  • 余計な脂肪を落とすことが出来る
  • 体内の毒素や老廃物を排除できる
  • ウィルスなどに対する耐性がつく
  • 血液がサラサラになって腸内環境が整う

酵素断食のこのような効果によってまずは過敏性腸症候群などの病気を改善することができるようになります。
ダイエットにもかなり高い効果が期待できますし、今回のように過敏性腸症候群などの病気も改善しながらゲップの悩みや胃の痛みを緩和させることができるのが酵素断食の強みでもあります。

kosorankingbunner2