最近はダイエット需要が高まっているので、周りに触発されて私も痩せたい!と頑張る人が増えてきています。

ダイエットをするということ自体は健康志向が高まることですのでもちろん良いことです。しかし間違ったダイエット方法を続けてしまったり、過剰なダイエットをしてついつい頑張りすぎてしまうとダイエットが原因で痛風になるという危険性があります。

痛風を起こしやすいダイエットとは?

まずは痛風になってしまわないために、やってはいけないダイエットについて紹介していきます。

  • 激しい運動によって消費エネルギーを増やすダイエット
  • 過度な食事制限によって急激に摂取エネルギーを抑えるダイエット
  • 偏った食事しか食べないようなバランスの悪いダイエット

今までダイエットはあまりしてこなかったけど、早く痩せたい!と思ったらやはりこういった偏りのある方法を取ってでも短期間に痩せようといった考えに行き着く人は少なからずいます。

痛風担ってしまう原因には親が痛風だったという遺伝によるもの以外にも、環境要因とよばれる自身の生活や行動によって起こるリスクのほうが高いと言われています。
今まで運動はほとんどしなかったのに、無理をしてでも運動を続けるようなダイエットをすると必ずといっていいほど体や精神にストレスが溜まっていきます。

dbeec1fadd4e7ff76d269f57e636aad1_s

今までやっていないことをやるというのはやっぱり負荷がかかるのでストレスが溜まらないようにするほうが難しいですよね。
実はこうしたストレスは溜まれば溜まるほど尿酸値が上昇してしまうという大きなデメリットがあります。また、激しい運動によって汗を大量にかいたり、下痢による脱水症状になると血清尿酸値も同時に上昇するため一気に痛風になるリスクが高まります。

また、食事内容も痛風には大きな関わりがあります。
特に最近結構流行っている鶏肉ダイエットというものがあるのですが、あれは痛風リスクがかなり高いです。
食事を鶏肉しか食べないことでタンパク質を摂取して糖質を制限するというやり方なのですが、鶏肉といえども肉食になりますので尿酸値がかなり上昇します。

尿酸値は上昇すると痛風になる危険性が一気に高くなってきます。こういった方法は痩せるのは早いですし、筋肉にもいいので代謝はアップさせることができますが痛風リスクやリバウンドのリスクも高いので避けたほうがいいダイエット方法に分類されます。

短期間で痩せられる痛風リスクがないダイエット方法

それでは一体どんなダイエットをすれば痛風になるリスクを緩和しながらも短期間で痩せることができるのかというところなのですが、私の経験上最も効果的なのは酵素ファスティングというダイエット方法です。

DSC02535

まず酵素ファスティングの場合は運動をする必要は一切ありません。
そのため、激しい運動やトレーニングによってストレスが蓄積したり尿酸値が上昇するといった心配も必要なくなります。

それでいて、代謝酵素を体内に増やすことができるので新陳代謝はぐんと高めることが可能になります。
なので運動をしていない間に自然消費できるエネルギーが多くなるので無理せず痩せることができる体質を作り上げることができます。

また、酵素ファスティングは毎日必ず行わなければいけないというわけではありません。
例えばパターンとしては週末だけ酵素ファスティングを行って、平日は通常通りに食べると言ったやり方や、毎日1食だけ置き換えるファスティングのやり方もあります。
それぞれの生活スタイルにあった方法を自分で選んで取り組めるので、柔軟性が高いです。

もちろん、酵素には野菜の栄養素がたっぷり含まれますので、すでに尿酸値が高かったとしても酵素を取り入れなが下げていくことができます。
そのため、すでに痛風に悩んでいる場合も酵素ファスティングで解消できる可能性は十分にあります。

痛風の危険性がなく簡単で短期間で痩せたいという場合は酵素ファスティングにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。