美容と酵素ダイエットを1つの酵素ドリンクで補うことに成功しているモンドセレクション受賞の人気酵素ドリンクであるベルタ酵素ドリンク

DSC02484

いくら人気の酵素ドリンクといってもやはりその商品の特徴をしっかりと見極めるためにも原材料や配合成分などについては使う前に把握しておくのが理想的です。

今回はそんなベルタ酵素ドリンクの原材料について詳しくみていきながらその安全性や特筆すべきポイントなどについて改めて確認していきましょう。

ベルタ酵素ドリンクに配合されている成分と原材料

・ベルタ酵素ドリンクの3大美容成分

まずこのベルタ酵素ドリンクの原材料として外せないのは他にはない美容成分のヒアルロン酸・プラセンタ・ザクロが配合されているというところですね。これまで何種類もの酵素ドリンクを実際に見て使ってきましたがそれら美容成分が含まれている酵素ドリンクは未だにこのベルタ酵素ドリンクしか見たことがありません。

それだけ一般的な酵素ドリンクよりも美肌効果が高いということでもありますので、とくにお肌を少しでも綺麗にしていきたいと思っている女性からすると嬉しいところではないかと思います。

・165種類の厳選された原材料

キダチアロエ 、ドクダミ 、ハチミツ 、高麗人参 、メロン 、ウメ 、アマチャズル 、アマドコロ 、オオバコ 、オトギリソウ 、カンゾウ 、クマザサ 、タンポポの根 、ツユクサ 、ツルナ 、トチュウ葉 、ハト麦 、ハブ草 、マツ葉 、ヤマイモ 、レイシ 、アカメガシワ 、タマネギ外皮 、サラシア 、イチジクの葉 、イチョウ葉 、エゾウコギ 、カキの葉 、カミツレ 、カリン 、キキョウ根 、キンカン 、クコの実 、クコ葉 、クワ葉 、シソ葉 、ショウガ 、エビス草 、エンメイソウ 、センシンレン 、スギナ 、セッコツボク 、トウガラシ 、ナツメ 、ニンドウ 、ビワ葉 、ベニバナ 、ミカンの皮 、メグスリの木 、モモの葉 、モロヘイヤ 、ラカンカ 、レンセンソウ 、田七人参 、アンズ 、イチジク 、グレープフルーツ 、パイナップル 、ブドウ 、ミカン 、リンゴ 、コンブ 、シイタケ 、フノリ 、キャベツ 、ゴボウ 、タマネギ 、ニンジン 、ニンニク 、パセリ 、モヤシ 、ラッキョウ 、アムラの実 、イチイの実 、イボナシツヅラフジ 、ツボクサ 、トゥシー 、キャッツクロー 、ハッショウマメ 、ムイラプアマ(地上部) 、ルイボス 、紅参 、ウコン 、ナンテンの葉 、昆布 、わかめ 、のり 、ローズマリー 、カツアバ 、カルケージャ 、紫イペ 、スギナ 、シャペウ、デ、コウロ 、パタ、デ、ヴァカ 、パフィア 、レモングラス 、アニス 、マテ 、ステビア 、ガラナ 、パッションフラワー 、ぺトラ、ウメ、カー 、キャッツクロー 、シナモン 、ショウガ 、ハトムギ 、ヤーコン(葉) 、アマチャズル 、グローブ 、ガジュツ 、マカ 、レンコン 、ごぼう 、玄米 、オートミール 、とうもろこし 、大麦 、えんどう豆 、小豆 、ジャロ、フェイジョン豆 、紫フェイジョン豆 、胡麻 、ミレット 、大豆 、丸小麦 、ライ麦 、黒フェイジョン豆 、エジプト豆 、レンズ豆 、オレンジ 、パイナップル 、バナナ 、リンゴ 、パパイア 、グァバ 、アボガド 、ドライプルーン 、アセロラ 、レーズン 、マンゴー 、スターフルーツ 、スイカ 、カシューナッツ 、パラナッツ 、クビュー 、キウイフルーツ 、洋なし 、クプアス 、アサイー 、アラサボイ 、ジェニパブ 、グラビオーラ 、タペレバ 、カムカム 、じゃがいも 、カボチャ 、キャッサバ 、トマト 、コウベマンテイガ 、ピーマン 、赤カブ 、ヤーコン 、アボボラ

酵素数が多いと言われているような他のメーカーの酵素ドリンクでも平均すると80〜100種類くらいの酵素原材料となっています。しかしベルタ酵素ドリンクの場合はその平均値を大きく超える165種類ということになっていますので、それだけ体内の代謝を高めることもできるということですし、高いダイエット効果が期待できるということでもあります。

もちろん単純に酵素の数だけが多ければ多いほどいいのかというとそうではない一面もありますが、やはり多くの種類の野菜・野草・果物の栄養分を一度でカバーできるというところがポイントでもあるので一つの目安になることに違いはありません。

ベルタ酵素ドリンク100ml辺りの栄養分はどのくらい?

エネルギー:142Kcal
タンパク質:0.1g
脂質:0.0g
炭水化物:35.3g
ナトリウム:19.8mg

ベルタ酵素ドリンクを飲んでみるとわかるのですがこれだけの野菜や野草が入っているのに、味はピーチ味の本当に美味しいと感じられるレベルに仕上がっているんです。まるで高級感のあるネクターを飲んでいるような感覚になるのですがそれにも関わらず脂質がゼロになっているというところがやはり嬉しいところです。

特にダイエット中の場合は糖質や脂質などには気を使っていかなければいけなくなるのですが、栄養分も摂れて美味しいのに脂質ゼロはダイエッターに取っては欠かせないポイントでもありますね。

カロリーについては100mlで142kcalとなっているので、もしかすると結構カロリーが高い?と感じている方もいるかもしれません。しかしベルタ酵素ドリンクについては1度の接種で30ml〜60mlほどが推奨されているのでカロリー換算すると以下のようになります。

30mlの場合:42.6kcal
60mlの場合:85.2kcal

他の酵素ドリンクのカロリーと比較してみるとわかると思いますが、実はこのベルタ酵素ドリンクの100mlで142kcalという数字は平均からしてもカロリーが低い部類に入ります。
もっとカロリーが高いのに味は何だかうすっぽくてマズイ酵素ドリンクもある中でこれだけの美味しさと飲みやすさを実現しながらカロリーも抑えることができているというところは評価できるポイントかと思います。

例えばこの60mlのベルタ酵素ドリンクで置き換えを行ったとすると、1食あたり600kcalだったとして約515kcalほどカットすることができるということになります。
ジョギングのマシンなどで何分走ってどのくらいのカロリーが消費されているのか見たことがある方は515kcalを運動などで消費するのがどれほど大変なことなのかわかると思います。

DSC02485

軽く1時間30分くらいは走り続けないと消費できないカロリーを1食ベルタ酵素ドリンクに置き換えるだけでカットできるのでダイエット効果は非常に高いですよ。

ベルタ酵素ドリンクの詳しい効果などについては私が実際に使用してレビューしていますので、そちらを確認してみてください。

関連記事

kosorankingbunner2